サビキ釣りに必要な釣り具と道具を揃えよう!どんな物が必要なの?

サビキ釣りにはどんな釣り具と道具が必要なのか?

 

一番安く揃えるといくらくらい?

 

サビキ釣りを楽しむ為の道具について案内しましょう。

 

サビキ釣りの価格は?

サビキ釣り自体は、初心者からベテランまで楽しめる釣りの為、
ベテランでも満足できるものから、初心者用の安くてセットできるサビキ釣りセットなどもあります。

 

仕掛け類の価格は変わらないので、
竿とリールが大きな価格差となります。

 

ベテランさんなどは竿とリールがそれぞれ1万円以上するような
釣り具を使います。

 

しかし、初心者はサビキ釣りセットで大丈夫なので、
竿とリールのセットで安いものは2,000円くらいからあります。

 

初心者はこのようなセットでOKです。

 

竿とリールのセット

初心者はサビキ釣りセットから初めてみましょう。

 

本当は釣り具は価格と比例するので、
初めから良い釣り具を揃えた方が良いのは良いです。

 

ただ、釣り初心者は釣りを始めても続けるかどうかは解りませんので、
初めから高価のなものを買ってしまうのもリスクだからです。

 

サビキ釣りはそこまで道具にこだわらなくても釣れる釣り方なので、
初心者はサビキ釣りセットで大丈夫です。

 

サビキ釣りはファミリーフィッシングとしても人気があるので、
各メーカーからサビキ釣りセットとして、
竿とリールがセットになっているものが多数販売されています。

 

竿とリールはセットで選ぶと安く揃えられます。

 

初心者は、まずは2千円〜3千円くらいで竿もリールもセットになっている安いので楽しむのが良いでしょう。

 

これは詳しく書くと長くなるので、別で案内します。

 

 

ベテランや長くサビキ釣りを楽しみたい人用の竿

釣り初心者でも初めから良い竿を選んでおきたい人や、
サビキセットで使っていて、もう少し良い竿を選びたい人に、
セット以外の竿を案内しましょう。

 

サビキ釣りに使用する竿は、
サビキ竿や万能竿、磯竿などを使用します。

 

サビキ釣り自体には竿の性能はそれほど高さを求めなくても良いです。

 

しかし、良い竿は長持ちしますし、
釣り味は良いので釣っていて楽しい釣りが出来ます。

 

竿の長さは堤防の高さなどの釣る場所に合わせますが、
3.6〜5.4mくらいが釣りやすいです。

 

詳しくは⇒『サビキ釣りのちょっと良い竿の選び方は?』で案内しています。

リール選び

サビキ釣りに使うリールは、
セットで揃える人は竿とリールのセットなのでリールもあります。

 

なので、ここではリールだけを選びたい人に
リールの説明をします。

 

釣り具の中でリールは唯一の精密機械です。

 

なので、海で釣りをする以上、海水の塩分が一番の敵になります。

 

ここで安いセットのリールと、
ある程度の価格のリールの違いは性能の他に、
錆びに強いという事があります。

 

もちろん、海水に濡れてそのまま放置すればどんなリールでも錆びますが、
釣行後にしっかりとメンテナンスすれば、
良いリールは長いこと性能を維持して使う事が出来ます。

 

安いリールには『安い』というメリットがありますが、
良い竿には性能と長持ちというメリットがあるのです。

 

このリールの選び方も後で詳しく案内しますが、
簡単にリールの選び方を案内します。

 

3号の道糸が100mくらいが巻けるリールの大きさを選びます。

 

リールの大きさは”番”で表して数字が大きくなるほどリールも大きくなります。

 

3号の道糸が100mくらい巻けるリールは、
メーカーによって若干の違いはありますが、2500番から3000番です。

 

リールのタイプは『スピニングリール』というリールを選びます。

 

スピニングリールとは、
こんなリールです。

 

 

詳しくは⇒『サビキ釣りのちょっと良いリールの選び方は?』で案内しています。

ライン(道糸)

リールを買う時には、
リールに道糸が巻いてある糸付きと
巻いていない糸無しがあります。

 

糸無しの時には道糸だけを買って、
自分で巻く事になります。

 

また、道糸は消耗品になるので、
仮に糸付を買ったとしても、
定期的に道糸を巻き直す必要があります。

 

道糸は定期的に交換は必要です。

 

道糸にも価格だけでみるなら、
ボビン巻という超安い道糸があります。

 

 

500mや600mも巻いてあって、
1000円もしないものもあります。

 

値段だけで選ぶならこのボビン巻です。

 

ただ、道糸も性能と耐久性などは価格に比例するので、
少し高くなりますが、こんな道糸の方がメリットはあります。

 

 

ちなみにこの道糸は100mで800円くらいするので、
巻量と値段を考えるとだいぶ違います。

 

しかしながら、ボビン巻の方は釣行毎に道糸を巻き直さないといけないので、
その分、手間と結局、糸を使う量は多くなるのです。

 

道糸は消耗品なので、あまり高い物を買ってしまっても
定期的に交換は必要なので高過ぎてももったいないので、
150mで1000円前後の道糸が扱いやすくはあります。

 

 

もっと詳しくは他で案内します。

 

詳しくは⇒『サビキ釣りに使う道糸の選び方は?』で案内しています。

サビキ仕掛け

サビキ仕掛けは市販でサビキ仕掛けとして販売されているので、
この市販のサビキ仕掛けを用意します。

 

とは言え、このサビキ仕掛けは
素材の違いとカラーの違い、サイズの違いなどがあります。

 

まず素材ですが、
スキンやハゲ皮、トリック仕掛けなどがあります。

 

カラーもピンクやグリーンなど様々なカラーがあって、
色違いがあります。

 

これは時間帯や海の状況によって食ってくる仕掛けが違うからです。

 

大事なので、その場その時に食ってくる仕掛けで釣ると言う事です。

 

なので、仕掛けは腐るものではないので、
数種類は用意した方が釣果に繋がります。

 

基本はスキンのピンクです。

 

まず釣り場に着いてどのサビキ仕掛けにしようかなとなったら、
基本のスキンのピンクから初めましょう。

 

これはコマセに使うのがアミエビになるので、
その同色で釣るのが基本だからです。

 

よって、サビキ仕掛けを用意するのも
スキンのピンクは絶対に用意して、それから蛍光色のグリーンなどのカラー違いも用意しておくと良いでしょう。

 

 

仕掛けにはコマセカゴを上に付けるタイプと
下に付けるタイプがあります。

 

このような事も含めてもっと詳しく案内します。

 

詳しくは⇒『サビキ釣りに使う仕掛けの選び方は?』で案内しています。

 

ちなみにこんなのです。

 


ハヤブサ(Hayabusa) 小アジ専科 HS200 リアルアミエビ 3-0.6

サビキカゴ・サビキ袋

サビキカゴは仕掛けの下にセットし、
サビキ袋は上にセットします。

 

多くは下に付けるコマセカゴで良いので、予備に3個くらいあれば安心です。

 

 

こんなカゴです。

 

サルカンとエサ

サルカンという釣り具は仕掛けの連結部分に使います。

 

サイズは10号前後くらいの大きさで、スナップ付きのサルカンも便利です。

 

 

スナップ付きのサルカンとはこんなのです。

 

またエサはアミエビを使用します。

 

冷凍のアミエビと加工のアミエビのエサがあります。

 

詳しくは⇒『サビキ釣りに使うエサの選び方は?』で案内しています。

便利な道具類!

針はずし

釣りをする以上は必ず針はずしは必需品なので、
他の釣りにも使えるように初めからしっかりしたものを選びましょう。

 

針はずしのプライヤーでも良いです。

 

詳しくは⇒『針外しの選び方』で案内しています。

 

水汲みバケツ

安全に海水を汲む為に使用します。

 

絶対に必要なのはロープ付であることです。

 

詳しくは⇒『水汲みバケツの選び方』で案内しています。

 

クーラーボックス

クーラーボックスの性能は価格に比例します。

 

何かと重宝するものなので、可能な範囲で良いものを選んでおくと、
後々その良さが解るアイテムです。

 

詳しくは⇒『クーラーボックスの選び方』で案内しています。

 

吸い込みバケツ

加工アミエビには使用しませんが、冷凍アミエビの時はこのバケツにアミエビを入れておいて、
サビキカゴをここに入れればコマセが入る便利ものです。

 

詳しくは⇒『サビキ釣りの吸い込みバケツの使い方とは?』で案内しています。

 

サビキ釣りは海釣りの入門にも適していますが、
ベテランにも人気のある釣りです。

 

アジ・イワシ・サッパ・小サバ・カマス、
その他にもメバルなども釣れる釣りです。

 

道具を揃えたら海に出かけましょう。

 

最後に参考の動画です。参考に!

 

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム

 

 

トップ | サビキ釣りの仕掛けと釣り方