サビキ釣りに使う仕掛けの選び方は?

サビキ釣りに使う仕掛けの選び方

サビキ釣りに使う仕掛けを選ぼう!

 

サビキ仕掛けは、スキンタイプやハゲ皮、
そしてトリック仕掛けなどがあります。

 

サビキ仕掛けはどんなのが良いの?

 

サビキ 仕掛け

サビキ釣りに使う仕掛け!

 

サビキ仕掛けは、市販のサビキ仕掛けが種類豊富に売られているのでこの仕掛けを使います。

 

まずはどんなサビキ仕掛けがあるのか説明しましょう。

 

サビキ仕掛けは、この様な、擬餌針がたくさん付いた仕掛けの事を言います。

 

サビキ仕掛けを選ぶポイントとしては、擬餌針のタイプと仕掛けの太さと大きさです。

 

スポンサードリンク

基本はスキンのピンク?

擬餌針と一口に言っても、そのタイプはいろいろあります。
その一つが下記のスキンタイプです。

 

 

これは、ハリに付いているエサに見せている素材が、スキンで出来ているタイプです。

 

この素材のスキンも一種類ではなく、色々なタイプがあります。その一つが”色”です。

 

上のタイプは、ピンク色のスキンです。

 

この商品の売りとしては、名前の通りリアルにエビに似せていると言うことです。

 

サビキ釣りは、アミエビをコマセとして撒いてそのコマセに寄ってきたお魚を、
偽のエサが付いたハリに掛けて釣ろう!という釣りなので、
そのアミエビに似せた仕掛けと言うことです。

 

理屈から言えば、これが大正解でこれだけで良いだろう!となります。
しかし、釣りが奥深くて理屈通りいかない事が多々あります。

 

それが、面白いのですが・・・

 

アミエビに寄ってきたお魚さんは、アミエビを食べに集まって来ているので、
それに似せたサビキ仕掛けを使うのは、確かに大正解です。

 

ただ、その理屈通りにいかないのです。その結果が、サビキ仕掛けに使われる、
偽エサの擬餌の部分が、ピンクだけでなく、蛍光の緑や、他の色などもあります。

 

これは、潮の流れのや濁りの状況、または時間帯などによって、
お魚の喰って来る色などが違うためです。

 

お魚は、ビックリするほど、色による食いの違いはハッキリ出るものです。
なので、スキンタイプには、色の違うスキンがあります。

一つの仕掛けの中にたくさんの色が?

なので、こんな仕掛けもあります。

 

 

お魚の喰って来る状況に合わせて仕掛けを変えるのではなく、
一つの仕掛けで喰って来る色の仕掛けに食ってこい!と言うような仕掛けです。

 

釣り人はアイデアマンとも良く言われますが、
メーカーも良く考えるものですね。

 

このようにスキンの素材の中にも、沢山の色があります。

ハゲ皮?

次は素材の違いです。素材がスキンではなく、
ハゲ皮と呼ばれるものです。

 

これは、お魚の皮を素材にして作られるサビキ仕掛けの事です。

 

 

この仕掛けがハゲ皮の仕掛けです。

 

素材がサバ皮やカワハギ科のお魚を使って作られています。

 

濁りがキツイ時などに使ってみると良いです。

トリック仕掛け?

この他に、たくさんハリがあるのは同じですが、
偽エサではなく本物のエサを付ける釣り方があります。

 

それがトリック仕掛けです。

 

 

トリック仕掛けは、このサビキ仕掛けではなく、
トリック仕掛けの中で詳しく説明します。

 

 

簡単に紹介すると偽のエサではなく、スピードエサ付け器などを使ってアミエビのエサを付けて釣る方法です。

 

サビキ仕掛けを色々と変えても食って来ない時に、トリック仕掛けに変えると一気に食って来る時もあります。

 

偽エサではない本物エサの強さを感じる時ですね。

太さと大きさ?

最後に、仕掛けの太さや大きさです。

 

サビキ仕掛けと一口に言っても、小型のアジやイワシを狙うための仕掛けと、
大型回遊魚を狙ったサビキ仕掛けがあります。

 

サビキ仕掛けとして一つで考えていると、
間違って大型回遊魚狙いの仕掛けを買ってしまうので注意しましょう。

 

では、サビキ仕掛けのおススメパターンを説明しましょう。

 

ピンクのスキンタイプの仕掛けを3つくらい用意して、
グリーンとハゲ皮タイプの仕掛けを、1個2個準備していくのが良いと思います。

 

仕掛けの基本はピンクのスキンタイプで良いです。

 

そして釣れなかったら、他に変えてみるようにすれば良いです。

 

どの仕掛けに喰ってくるかは、場所、時期、潮などの色々な状況によって変わるので一言では言えません。

 

そこで、いくつか準備をしておいて、その日、その場所、その時に釣れる仕掛けで釣るのが一番釣果を上げる方法です。

 

海釣り公園では、アジやイワシ、小サバ当たりが対象魚になるので、仕掛けにアジ、イワシ、サバ、など用の仕掛けを準備しましょう。

 

サビキ釣りは、お手軽の釣りでファミリーからベテランまで人気のある釣り方なので、
メーカーからはホントにたくさんのサビキ仕掛けが販売されています。

 

 

仕掛けは腐るものではないので多少多めに用意しましょう。

 

相手は自然の海とお魚です。その日に食ってくる色やタイプは変化しますので、
それに対応できる準備をしておけばバッチリです。

 

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム

 

 

トップページ | サビキ釣りの仕掛けと釣り方

トップへ戻る