ちょい投げ釣りの釣り方

ちょい投げ釣りの釣り方

ちょい投げ釣りは、難しい釣りではありません。

 

単純に言えば仕掛けにエサを付けて投入しておけば、
何かが釣れる釣りです。

 

とはいえ、多少のコツを知ってけば、釣果に繋がりますので、
基本の釣り方を覚えておきましょう。

 

ちょい投げ釣り

ちょい投げ釣りの仕掛け

ちょい投げ釣りは、名前の通り投げ釣りなので、仕掛けは天秤にオモリ、
そして仕掛けのセットで投げ釣り仕掛けになります。

 

 

ちょい投げとはいえ、オモリは重さのあるオモリを使うので、
狙う対象魚は底のお魚になります。

 

ただ、底を狙うといっても、底が砂地の所もあれば、
岩礁帯のところもあります。

 

岩礁帯で仕掛けを引いて来たら、根掛りして仕掛けが何個あってもたりません。

 

このように地形によっても狙い方は違ってきますし、
お魚の習性によっても違いがあります。

 

スポンサードリンク

ちょい投げ釣りは、基本的には2つの釣り方があります

ちょい!と投げて、少しずつ引いて来る釣り方と、
投げてポイントまで引いて来たら、基本は待ちの釣りです。

 

これは、当然ながら、釣りたい魚種によって釣り方を変えて、
シロギス狙いは引き釣りでカレイなら待ち釣りなどです。

引いて来る釣り方

引いて来る釣り方は、手持ちの釣りなので、竿は1本で良く、
投げたら段々と引きながら釣るスタイルの釣りです。

 

砂地もゆっくりと仕掛けを引いてくると、少し重く感じる場所があります。

 

これはヨブといって、砂地も真平らな訳でなく、
砂が盛り上がってる場所の事です。

 

ここは、絶好のポイントになるので、仕掛けを引いてきて、
少し重みや抵抗を感じたら、そのポイントでしばらく待つなどのテクニックで釣果に差がでます。

 

引いて来ることによって、段々と地形がイメージ出来てきますので、
漠然と引いてくるのではなく、どの角度にどれくらい投げたら、
食って来るかなどをイメージしながら釣りましょう。

待ちの釣り方

カレイなどを狙う時は、基本的に待ちの釣りになります。

 

仕掛けを投入したら、そのポイントでお魚が食って来るのを待つ釣りです。

 

海釣り公園の混雑状況によりますが、
空いていたら竿を3本くらい3方向に投げ分けて、
尚且つ遠近も工夫して釣るようにします。

 

一匹釣れたら、その場所を覚えておいて、
その場所を集中的に攻めてみると良いでしょう。

三脚を使おう

投げ釣りの場合は、魚が食ったアタリは、
穂先でとるので、三脚を使います。

 

三脚を使えば、竿を立て掛けて置けるので、
魚が掛かれば竿先が曲がってアタリが解りますし、
竿を守る意味からも三脚は、投げ釣り氏には重宝されるアイテムです。

 

三脚の真ん中下にフックがあります。

 

ここに水汲みバケツに水を入れて吊るして重しにすると安定します。

 

その他のポイント

港内などでは、船道と言って、船が通る為に深くしてる場所があります。

 

この深くなってる所から浅くなっている所を、
カケアガリと言い、ここも最高のポイントの一つになります。

 

段々とこのカケアガリの場所などもイメージ出来る様になるので、
そうしたらそこを重点的に攻めて釣果を伸ばす事も出来ます。

 

岩礁帯で仕掛けを余り動かすと根掛りしてしまいます。

 

ただ、大きな沈み根(海中の大きな岩)周りも絶好のポイントになるので、
ピンポイントで仕掛けを投入して狙うようにしましょう。

 

大きな魚が釣れる可能性のあるポイントになります。

 

ちょい投げ釣りは、手軽で簡単ながら、
投げ釣りとしての面白味は堪能出来る釣りになります。

ちょい投げ釣りをやってみよう!

ちょい投げ釣りは、市販のちょい投げ仕掛けがあるのでこれを用意するだけで簡単にできる釣りです。

 

お手軽簡単ながら何かが釣れちゃいます。

 

ちょい投げ釣りをやってみましょう。

 

 

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム

 

 

トップ | ちょい投げ釣りの仕掛けと釣り方

トップへ戻る