防波堤のルアー釣りとは

防波堤のルアー釣りとは

ルアー釣りとはどんな釣り?ルアー釣りはどうやって釣るの?ルアー釣りを覚えて釣りを楽しみましょう。ルアー釣りはゲーム性の面白さは満点です。

 

スポンサードリンク

ルアー釣りとはどんな釣り?

海のルアーフィッシングは、今や大人気の釣り方で、釣りのジャンルの一つとしてすっかり定着した釣りです。

 

ターゲットも、エサ釣りで釣れる魚の多くが、ルアー釣りでも狙えるターゲットになります。

 

ルアーとは、ハリの付いた擬似エサの事で、ルアーにアクションを与えて釣る釣り方の事です。

 

ルアーを真っ直ぐ引いて来るだけでも、クネクネしてルアーが小魚が泳いでる様に見えるので、そのルアーを小魚と思ってアタックして来たお魚がヒットするという釣り方です。

 

ただ、真っ直ぐ引いて来るだけでも良いのですが、それ以外にも、色々なアクションの仕方を変えると、更に良くヒットして来るので、その食わせ方が面白さを増させてくれます。

 

ルアーにはたくさんの種類がありますが、このような小魚に似たルアーを、泳いでるように見せて、これを捕食しようとする魚を釣ります。

 

キャスティングの基本
ルアーのキャスティングは、ルアーを遠くへ、そして正確に、しかも一日に何百回とキャストします。

 

そこで、疲労を少なくキャストする為には、ロッドの反発を最大限に生かして、よりコンパクトで無駄の無い動きが必要になります。

 

それには、腕の振りやスナップを上手に使ってキャストするオーバーヘッドキャスティングが、初心者にもコントロールしやすいので、これを練習してマスターします。

 

次に、ルアーのキャスティングは、遠くに飛ばすだけでなく、上が障害物に覆われたポイントや、障害物の周りなどを狙う事があります。

 

その時は、オーバーヘッドキャスティングではなく、低い弾道のサイドハンドキャスティングで狙いますので、オーバーヘッドを基本として練習しながらも、サイドハンドも練習していきます。

 

この他にも、船の間などの狭い所を狙う時は、アンダーハンドキャストなども使うので、狙う場所の状況に合わせて、キャスティングを変えて狙っていきます。

 

ソフトルアーのライトゲーム
ルアーでは様々な魚を対象に狙えるので、ライトタックルでも、ソイやカマス、メッキなども狙えますが、ここではメバルとカサゴの狙い方で紹介します。

 

主にグラブやグラスミノーなどの小さなサイズのソフトルアーを使って狙いますが、初心者のルアー入門にも最適な釣りです。

 

日中でも釣れなくもないですが、朝と夕のマズメと夜釣りが有利な釣りです。

 

メバルもカサゴも根に付く魚なので、堤壁の際やテトラの際、沈み根や障害物の際などが主なポイントになります。

 

また、凸凹の変化のある場所や、夜間は常夜灯の明暗の境などが好ポイントになります。

 

通常は、底から中層を狙います。

 

メバルは、逃げるものを追う習性があるので、ルアーは細かいアクションを付けずに、ゆっくりしたスピードでリトリーブするのが良いです。
(リトリーブはルアーをリールで巻き取ること)

 

アタリがあっても、強くシャープなアワセはせず、スーとロッドを立てるようにあわせます。

 

カサゴは、底から離れる事はなくて、ルアーを追うのも、逃げるものよりも、上から落ちてくるものに興味を示す傾向があるので、ルアーはユラユラとゆっくりと落とすと効果があります。

 

ルアーを替えたり、狙う場所などを変えると、色々な魚も狙えます。

 

シーバス
海のルアー釣りの人気ナンバーワンのターゲットといえば、やはりスズキ(シーバス)です。

 

人気の理由は、都市部に近い湾奥の身近な場所でも、狙える事が出来ますし、またそのサイズも60cmオーバーから1m超えも狙えるのが堪らない魅力になります。

 

そして、ヒットしてからのファイトも見逃せない魅力ではあります。

 

ライトタックルより、一回り大きなタックルになりますが、その魅力に魅せられて虜になる人が多くいるのがシーバス釣りです。

 

スポーツの要素もあり、他の釣りとはまた違ったオシャレ感もあるルアー釣りを楽しみましょう。