防波堤のサビキ釣りとは

防波堤のサビキ釣りとは

防波堤のサビキ釣りとはどんな釣り?サビキ釣りはどうやって釣るの?サビキ釣りを覚えて釣りを楽しみましょう。サビキ釣りは大漁を楽しめる釣りです!

 

スポンサードリンク

サビキ釣りとはどんな釣り?

サビキ釣りは、”サビク”という動作の言葉が語源ですが、現在は下記のように沢山の擬餌バリが付いた仕掛けをサビキ仕掛けと言い、この仕掛けを使った釣りをサビキ釣りと言います。

 

水中でおどる擬餌バリは、シラスなどの小魚に見えたり、コマセと同じ小エビなどに見えるので、魚が飛び付いて釣れる釣りです。

 

魚が回遊してくれば、ほとんど入れ食いになり、一度に何尾も針掛かりして、大漁を楽しめる釣りになります。

 

仕掛けとしては、市販のサビキ仕掛けを用意して、仕掛けの下部にコマセカゴをセットすれば出来上がりの簡単な仕掛けです。

 

防波堤の釣りとしては花形の釣りで、簡単ながら良く釣れますし、回遊魚が回ってくればクーラーボックスに入り切らないくらい釣れるのが魅力です。

 

狙いの対象魚となるのが、マアジ・マイワシ・ウルメイワシ・サバ・シマアジ・タカベなどですが、場所によってはカワハギ・ボラ・フグ・ベラ・ムツなども釣れます。

 

この他にも多くの魚種が釣れますが、やはり釣り易いのは、背の青い群泳する回遊魚になります。

 

エサは冷凍のアミエビか加工のアミエビを使います。加工のアミエビのメリットは集魚効果が高い配合になっているので、より魚を寄せやすい事が一点。

 

切り口に工夫がされているので、手が汚れずにコマセカゴにコマセを入れられるのもメリットです。

 

冷凍のコマセは、解凍までに時間が掛かります。そこで前日から自然解凍の為に冷蔵庫から出しておきますが、いざ出発の時に雨やすごい風で釣行を断念した時に、エサが無駄になってしまいます。

 

しかし加工アミエビは常温で問題がないので、何かと加工アミエビは便利なエサになります。

サビキ釣りの釣り方!

サビキ釣りは、カゴの中にアミエビなどの撒きエサとなるコマセを入れて釣るので、アミエビを入れますが、この時に満タンに入れるのではなく、8分目くらいにしてエサがバラけるようにします。

 

エサを入れたら仕掛けを海底まで沈めて、オモリが着底したら少し巻き上げて、大きく竿をあおります。竿をあおる事で、コマセカゴに入っていたコマセが出て海中に広がります。

 

お魚さんは突然のご馳走に、我先にと群がって来て食べ始めます。そのコマセの中に、ハリの付いたサビキのエサが紛れているので、それを食べて釣れるという寸法です。

 

魚が食って来る泳層をタナと言いますが、タナはシーズンやその日、又は時間帯などでも変わります。始めは底の方で釣ってみて、釣れなかったら段々と上の方に狙うタナを変えてみるなどの工夫が必要です。

 

かなり上の表層で食ってくるなら、コマセカゴにコマセを入れないで、直接シャクを使ってコマセを撒くのも効果的です。

 

アジやイワシなどの魚は、群れが回ってくると立て続けに釣れるので、その時にいかに効率よく釣るかで釣果に差が出ます。その時に、直接撒くほうが効率的なのです。

 

この時に、もっと沢山釣る為に、いくつかのポイントがあります。

 

アジにしてもイワシにしても、とても臆病な魚なので、仕掛けを投入する時や、コマセを直接投入する時に、大きな音がするようにポチャンと投入すると、折角寄って来ていた魚が皆逃げてしまいます。

 

魚が表層に寄ってる来てる時は、仕掛けはソッと投入するのが良いですし、コマセも塊でポチャンと投入するのではなく、パラパラと薄く投入するようにします。そして一回に撒く量は少なくして、撒く回数を多くするのがポイントです。

 

これは、驚かせない為と、寄って来た魚を出来るだけ留めておく為です。

 

また、群れの大きさにも寄りますが、魚に対して撒くエサが多すぎると、食べきれないエサを追って、ドンドンと自分の釣り場から離れてしまうので、一回で大量に撒くのではなく、少量を数多く撒くのが釣れてる時のポイントです。

 

釣れない時は、魚の群れが寄って来てない時です。この時は、焦らずに群れが回ってくるのを待つしかありません。回遊魚はその内回って来ます。

 

どうしても早く釣りたい時は、コマセを出来るだけ遠くに遠投して、段々と近くにコマセを撒くのです。つまり、遠くにいる魚の群れを、コマセを使って自分の釣り場まで連れて来るイメージです。

 

ただ、効果の程は50/50ですが、一つの手法としては効果はあります。

 

魚のいる層を”タナ”と言いますが、このタナはお魚さんによっても違いがあります。一般的に上層にサバやイワシが多く、下層にアジが多いので対象魚によって狙いを変えると良いでしょう。

 

また、自分は釣れないのに隣の人が釣れてる時は、何が釣れているのかを見て、タナを調整するなどすると釣果が伸びます。

 

サビキ釣りは、この他にも擬似エサではないトリック仕掛けや、ウキサビキなどもあるので、合わせて覚えておくとサビキ釣りは鬼に金棒です。

 

トリック仕掛けは、トリック仕掛けのサビキ釣りで紹介していますし、ウキを使ったサビキは、ウキサビキ釣りで紹介しています。合わせて参考にして下さい。

 

サビキ釣りで、大漁を目指して楽しもうと思ったら、サビキ釣りの道具類が必要になるので、何が必要なのかも確認しておきましょう。