防波堤のウキ釣りとは

防波堤のウキ釣りとは

防波堤のウキ釣りとはどんな釣り?ウキ釣りはどうやって釣るの?ここではウキ釣りについての 紹介です。ウキ釣りは楽しい釣りです!

 

スポンサードリンク

ウキ釣りとはどんな釣り?

ウキ釣りとは名前の通リ、ウキを使って釣る釣りの事です。

 

ウキ釣りは、深場でも浅場でも、またサオ下でも遠いポイントでも探れる万能釣法です。しかし、1つの仕掛けですべての魚を対象にする事は不可能なので、それぞれの魚に合った仕掛けを用意する必要はあります。

 

ウキ釣りと言うくらいなので、ウキを使いますが、一口にウキと言っても沢山の種類があります。釣る対象や釣り場の状況に合わせてウキを替えるので、ウキの種類は必然的に増えていきます。

 

ウキの役目は、エサを一定の水深にとどめたり、潮を掴んでお魚のいる場所まで仕掛けを届けてくれたり、何より魚がくわえた時に、変化してアタリを教えてくれるなどの役目があります。

 

竿は、小物狙いなら渓流サオでも良いですし、ある程度の大きな魚を狙うなら、リール竿を使います。

 

ウキ釣りで狙える対象魚は多いのですが、ウキ釣りで共通するのが魚が掛かった瞬間に、ウキがスッと引き込まれて行くという目で見える変化が楽しい釣りです。

 

ウキ釣りには、固定ウキ仕掛けと遊動仕掛けがありますが、左は遊動仕掛けです。

 

固定ですと竿の長さ分しかウキ下を設定出来ないですが、遊動仕掛けであればどんなにタナが深くても釣る事が出来ます。

 

仕掛けの基本ですが、一番上にウキ止めがあります。これは魚がいるタナに仕掛けをとどめる為にウキを止める為にあります。

 

その下にシモリ玉がありますが、これはウキ止めだけではウキがすり抜けてしまうので、ウキとウキ止めの間に小さなシモリ玉を入れます。

 

そして主役のウキです。

 

その下にウキクッションがありますが、オススメはカラマン棒の方が良いです。

 

 

その下のオモリもガン玉を使ったほうが良いです。

 

その下にはスイベル、ハリス、ハリとなって仕掛けの完成です。

 

ウキ釣りは、この仕掛けが絶対と言うわけでなく一例です。ただ初心者の人は仕掛けの作り方が解らないので、始めは市販のウキ釣り仕掛けが良いです。

 

セットするだけで、バランスの取れた仕掛けなので釣りやすい事と、市販の仕掛けを何回か使っていくうちに仕掛けの作り方が解るので、まずはウキ釣りを楽しむ事から始めましょう。

 

エサは、付けエサはオキアミで、その他に撒きエサとして冷凍のオキアミと通常は配合エサを混ぜたものを使います。冷凍のオキアミを撒きエサとして使いますが、一部を残しておいて付けエサとして使います。

 

ウキ釣りは、仕掛けの中にウキがあって、コマセ(撒きエサ)を撒いて釣る釣り方です。

 

ウキ釣りの釣り方!

ウキ釣りのポイントは、藻場や隠れ根などの海底に変化がある所が目安になります。又は潮通しの良いところが条件になります。

 

ウキ釣りは深場から浅場まで狙える釣法ではありますが、だからこそ大事なのがお魚がいるであろうタナをしっかりと狙う事です。お魚がいないタナにいつまでもエサを留めておいても釣れないのは明らかです。

 

なのでお魚のいるタナを見極めるのが釣果に直結します。しかしいきなりタナが解る訳ではないので、こまめにタナを調整しながら釣る事になります。

 

お魚によって大体のタナの目安はあっても、場所や水温によって食ってくるタナが変わって来るので、段々とウキ下を深くしたり、オモリを重くするなどでタナ調整します。

 

釣り方は、コマセの寄せエサを潮上に撒いて、そこに仕掛けも入れてコマセと仕掛けを同調させながら流すのが基本です。

 

大事なのは、食ってくるタナでコマセと仕掛けを同調させる事です。コマセの沈む速さに対して、ハリもオモリも付いてる仕掛けの方が当然早く沈みます。そこでコマセをより潮上に投入して、仕掛けはその潮下に入れるなど工夫すると、釣果に繋がります。

 

ウキ釣りの最高に楽しい瞬間は、魚が食った時にウキにアタリが出て、目に見えて変化が解る事です。

 

ウキが海中に消し込んだら手首を返すようにアワセます。