防波堤のウキフカセ釣りとは

防波堤のウキフカセ釣りとは

ウキフカセ釣りとはどんな釣り?ウキフカセ釣りはどうやって釣るの?ウキフカセ釣りを覚えて釣りを楽しみましょう。

 

最高に面白い釣りで、大好きな釣りのひとつでオススメです。

 

スポンサードリンク

ウキフカセ釣りとはどんな釣り?

ウキフカセ釣りは、名前の通り円錐ウキなどのウキを使い、フカセ釣りというオモリも重いものは使わない釣り方です。

 

慣れてくると、ウキ、オモリ、ハリ、ハリス、カラマン棒・・・と個別に用意して、自分で仕掛けを作るようになりますが、始めは左の様な、ウキから仕掛け一式がすべてがセットになっていて、道糸に繋げるだけで、ウキ釣りが楽しめるものが良いです。

 

 

ウキ釣りの面白さは、やはり魚が食った瞬間にウキがスパッと海中に入っていった時が最高の面白味です。

 

ウキを通して、アタリがダイレクトに見れるのが、ウキ釣りの面白いところです。

 

ウキフカセ釣りは、主に沖磯や地磯などで多く使われる釣り方ですが、堤防などでも楽しむ事が出来ます。

 

人気の対象魚は、クロダイやメジナなどですが、イサキやアジ、その他の回遊魚も狙える釣り方です。

 

釣り方
ウキフカセ釣りは、コマセを使います。

 

コマセをシャクを使って撒いて、その撒いたコマセに同調するようにして、仕掛けを流します。

 

仕掛けの投入ポイントなどを工夫して、魚が食って来るタナで同調するように、コマセと仕掛けはあえて、ずらして投入したりもします。

 

コマセと仕掛けが、食って来るタナで上手く同調していると、クロダイやメジナが食ってきて、一気にウキが消し込みます。

 

ウキフカセ釣りの基本タックル
竿 磯竿の1号から2号くらいで、長さは5.3m前後の竿を使います。
リール スピニングリールを使用しますが、ベテランの磯釣り氏は、レバーブレーキ式のリールを使用します。
ウキ
ウキフカセ用の円錐ウキなどを使います。
オモリ ガン玉などの小さいオモリを使用

 

ウキフカセ釣りの魅力
ウキフカセ釣りは、凝れば凝るほど、夢中になれば夢中になるほど、面白くなっていく釣りです。

 

実際に、釣り暦の長い、ベテラン釣り氏もとても多くいる釣りです。

 

大きい魚!というだけであれば、船釣りの方に分があります。

 

しかし、釣り味の面白さの点では、ウキフカセ釣りは面白く、コマセを使っていかに食わせるか、そして、ヒットした魚は、根の中に突っ込んで逃げようとするので、それをいかに交わすか。

 

魚にも逃げるチャンスのある釣りで、いかに逃がさないで釣り上げるかが魅力であります。

 

初心者の始め方
ウキフカセ釣りは、磯などで釣りますが、海釣りの初心者が磯で釣るのは、危険なので、まずは堤防などで始めるのが良いでしょう。

 

堤防で、ウキフカセ釣りの釣り方に慣れるのと同時に、海釣りを安全に楽しむ方法も学ばなければいけないでしょう。

 

ライフジャケットや磯靴など、安全の装備も用意する必要があるので、まずは堤防でウキフカセ釣りを楽しみながら、次は地磯で楽しむなどのステップを踏んで、磯でのウキフカセ釣りを楽しんで下さい。

 

多少、道具代やエサ代などは掛かりますが、それ以上の見返りの有る面白さが体験できる釣りなので、ぜひ初めてみて下さい。