防波堤とは?

防波堤とは?

防波堤とは、名前の通りで波を防ぐ役目のものです。港に行けばたいていはすぐに目に付く”あれ”です。

 

堤防

 

ただ、関東と関西では呼び方が違います。関東では、”堤防”で、関西では”波止”と言います。なので、釣りの呼び方も変わって、関東では堤防釣りと言い、関西では波止釣りと言います。

 

この防波堤は、もちろん釣りの為に造られたものではありません。しかし、釣りには最適に釣り場になります。それは、お魚達にとって最高の棲みかであり、またエサ場でもあるからです。

 

この防波堤には、多くのお魚が生息しているので、釣り場として最適なので、色々なお魚の釣りが楽しめるのです。

 

スポンサードリンク

防波堤のメリットとデメリットは?

防波堤周りはポイントの宝庫!
海に突き出している防波堤は、先端部では足元から水深があったり、捨て石の周りには、海藻が生えてたりするので魚の棲みかとしては最適な場所になります。

 

そして、防波堤にはイ貝やカキ、フジツボなどが付着し、そこにカニやエビ、イソメ類が生息するので、結果的に魚のエサが豊富になるので、エサ場としても魅力がある場所になる訳です。

 

複雑な潮流にもなったりするので、まさに防波堤周りは棲みかとしても、エサ場としても最適な環境が出来上がってる場所になるのです。

 

狙える魚種は豊富!
防波堤周りには色々なお魚が釣れる環境も整っています。捨て石やテトラが入っているので、根魚と言われるカサゴやメバル、アイナメなども釣れますし、アジやイワシなどの回遊魚も釣る事ができます。

 

また、小型の魚が居つきやすいので、その魚などを狙って、イナダなどの大型の回遊魚も接岸して来るので狙う事ができます。

 

色々な釣り方が楽しめる!
防波堤は色々なお魚が釣れるので、それに合わせて色々な釣り方で楽しむ事も出来ます。サビキ釣りで小型中心ながらバケツが一杯になるような釣りから、一発大物狙いの釣りまでできます。

 

安全に釣りが出来る!
足場は平坦で釣りやすいですし、安全でもあるので、釣り人にとって最高の釣り場といえるのが防波堤になります。

 

釣り人にとっては、磯に比べて足場が良いので釣りやすく、砂浜と比べても、元々が防波堤は海に突き出しているようなものなので、砂浜ほど大遠投しなくてもポイントを狙いやすいメリットもあります。

 

防波堤も初心者には最適な釣り場ではありますし、ベテランにとっても満足できるフィールドとして懐の広いのが魅力です。

 

費用が掛からない!
防波堤は基本的に費用が掛かりません。掛かるとすれば駐車代です。とは言え、掛かるところの方が少ないです。

 

注意が必要な事も!
防波堤は海釣り公園とは違って、釣り用ではありません。そこで漁港の防波堤であれば、漁師の邪魔になるような事はしてはいけませんし、停留してる船にイタズラはもちろん、仕掛けを絡めてしまわないように注意が必要です。

 

また、場所によっては釣りが禁止の防波堤があったり、立ち入り禁止エリアがあったりしますので、ルールを守らなければいけない事です。

 

安全面の注意!
防波堤は海釣りの中では、比較的安全に釣りが楽しめる場所ではありますが、100%安全かというと決してそんな事はありません。手すりなどがある訳でないので、足を踏み外せば海に転落してしまいます。

 

また、雷や海の荒れ方などは、自分で判断しなければいけません。船釣りや沖磯釣りでは、海のプロである船長が判断してくれますが、防波堤は自己判断なので、くれぐれも無理をしない勇気は必要になります。

 

安全の準備!
安全管理は自分で管理しなければいけませんが、大事なのは2つあります。先に書いたように、絶対に無理はしない事です。

 

いざ海に着いてみたら沖に低気圧があって、海が荒れてる事などもあります。この時に、せっかく来てしまったのだからと、釣りを始めては危険すぎます。

 

場所を大きく変える判断や、勇気ある撤退をするなどの無理をしない事が一番大事な事になります。

 

装備を整える!
もう一つは安全の為の装備をする事です。
海に落ちない準備と、落ちた時の安全対策です。防波堤の上で濡れてる所は波が来る可能性があるので、その様な場所で釣りをしない事と、滑らないように長くつやスパイクブーツを用意する事です。

 

濡れてる所は良く滑ります。

 

また、万が一、海に落ちた時にはこれしかありません。ライフジャケットです。
海に落ちても浮いてればすぐに助けてもらえますが、沈んでしまったら助けてもらえません。

 

中には、自分は泳ぎが得意だから大丈夫と思う人がいるかも知れませんが、洋服を着て靴を履いた状態で海に落ちれば、水圧で体に押し当てられて身動きがとれなくなってしまいます。

 

水温もかなり低い可能性もあるので、夏に海水浴を楽しむ感覚でいては危ないので、安全対策はしっかり考えましょう。

 

防波堤は、濡れてる場所には行かないや海を見て判断して、無理はしないを心掛ければ、とても安全にそして良く釣れる場所として楽しむ事ができます。