イシモチの習性と特徴は?

イシモチの習性と特徴は?

イシモチとはどんなお魚?いつ頃釣れるの?イシモチについて知ってるのと知らないでは釣果に大きな差が・・・

 

スポンサードリンク

イシモチの習性と特徴

習性
イシモチは夜行性のお魚です。なので夏から初秋にかけて夜釣りが人気あります。

 

太陽光を嫌うので、曇りの日や潮にごりを好み、日中は沖にいて夜になると岸近くに来て、エサを活発に食べます。

 

生息地は水深3mから80mまでの砂泥地を好んで、群れで棲んでいます。特に底がくぼんでる場所を好みます。

 

海が荒れて潮が濁った時などは、かなり岸近くまで寄ってくる習性があるので、釣りとしてはこのタイミングがチャンス大です。

 

釣り期としては、5月くらいから釣れ始めて10月くらいまで良く釣れます。特に釣りやすいのが6月の産卵期で、岸の近くまで寄ってきています。

 

防波堤がポイントになるのは秋口です。

 

特徴
イシモチは主にかまぼこの材料になるお魚で、宮城県以南の日本全国に生息しています。

 

全長は40cmくらいで、発達した浮き袋を持っていて、その浮き袋を使ってグーグーと鳴くお魚です。

 

6月の産卵期に大群で岸に寄ってきます。

 

食べる時は、くさみがあるので刺身は今一ですが、塩焼きなどは美味しいです。

 

イシモチにとても良く似ているニベというお魚がいて、厳密に言えば別のお魚ですが、大抵はどちらもイシモチと呼んでしまってるのが現状です。

 

区別は尾ヒレの形と色で区別します。そしてイシモチの方が体高があって銀白色です。

 

比べると、ニベの方が美味しいという人が多いです。