アジのサビキ釣りの釣り方は?

アジのサビキ釣りの釣り方は?

堤防からのアジ釣りの基本的なサビキ釣りを覚えましょう。良く釣れるポイントは?タナとりは?などの疑問から、釣り方は?について紹介します。

 

スポンサードリンク

サビキ釣りの釣り方

ポイント選び

防波堤のポイント選びで、大抵はココを選んでおけばハズレはない!といえるポイントがあります。

 

一番は防波堤の先端部です。

 

海釣りは、潮の流れによってお魚の行動は大きく変わりますが、特に回遊魚などは潮の加減によって釣果が大きく変わります。

 

その意味で、防波堤の先端部は潮通しが良く、お魚が寄ってくる環境が一番良いと言える場所になります。

 

アジも回遊する魚なので、先端部は絶好のポイントになります。ポイントが空いてれば、防波堤の先端部をポイントにしましょう。

 

ただ、人気のポイントと言うのは、多くの場合他の人がすでに釣りをしているものです。

 

そこで、先端部にこだわらなくても良いように、劣らずに人気のポイントも紹介しておきましょう。

 

次に良いポイントは、防波堤の角の外側です。

 

防波堤の角は、潮流の変化が起こりやすい場所になります。お魚にとっては住処としても良いし、エサ場としても最高の場所になるのです。

 

変化がある場所はお魚にとって安心できる場所になりますし、潮流の変化でエサが溜まる場所にもなるのです。

 

結果、お魚が集まってくるので、釣れるポイントになるのです。

 

但し、それでもポイントに人が入ってる時は、割り込みなどしないで空いてる場所で釣って、、腕で釣り上げましょう。

 

本来、魚釣りは潮の流れや潮通しが良い場所がポイントと言いますが、アジは回遊しているので、比較的場所を選ばずに釣る事ができるお魚です。

 

盛夏から初秋には港内深くまで入ってくるので、先端部や角でなくても良く釣れるので大丈夫です。

 

 

タナ取りは?

タナとは、そのお魚が食ってくる深さの事です。

 

サビキ仕掛けは、アジの他にもイワシや小サバが良く釣れる仕掛けですが、アジを狙ってるのにイワシばかりが釣れるようであれば、それはタナがあっていません。

 

アジとイワシを比べれば、イワシは海面に近い場所を泳ぎまわりますが、アジはそれに比べて深い場所を回遊しています。

 

イワシばかりが釣れてしまうのは、タナ取りが浅いという事です。

 

アジを釣りたいのであれば、底から釣り始めましょう。

 

 

釣り方は?

仕掛けが出来たらいよいよ釣り始めます。

 

まずは、コマセカゴにコマセを入れて、コマセを入れたら仕掛けを投入して、仕掛けを底まで落として行きます。

 

オモリが着底するまでは、竿からオモリの重さを手元に感じていますが、オモリが着底したら急に軽く感じて、竿先もフッと戻ります。

 

オモリが着くまでは、道糸をドンドン出していましたが、着底したら糸の出をストップします。

 

ここでストップしておかないと、出すぎた糸が絡まってしまうので注意が必要です。

 

底から1m2m巻き上げたら竿を大きくあおって、コマセカゴに入っていたコマセを拡散させます。

 

竿を大きくあおる事で、コマセが拡散してお魚が寄ってきます。

 

ここで大事な事が、少しでも長く、このコマセの中に仕掛けを同調させる事です。

 

急に大好きなエサが広がって、そのコマセの御馳走に我先にと群がってきて、その中にハリが付いた仕掛けがあるので間違って食って釣れる釣りです。

 

コマセは潮に流されるので、仕掛けも少しずつ潮の流れに合わせて移動させると釣れる確率も高くなります。

 

 

時間帯

アジは朝方のうす暗い時や、夕方から夜に掛けて海面に近づきます。この時間帯はチャンス大です。

 

 

必釣のテクニック

 

手返しを早く
アジは群れを作って回遊しているので、釣れ始めたらドンドン釣れて来ます。

 

このタイミングにいかに多く釣るかが大事です。手返しを早くして休まないで釣るようにします。

 

群れを逃がさない
アジは回遊魚なので、釣れていてもしばらくすると別な場所に行ってしまいます。それでも少しでも自分のポイントに留めておく方法があります。

 

コマセを上手に使います。コマセの撒き方のコツは、少量ずつ撒く回数を増やす事です。初心者の人は、一回で多く撒いても同じと思いがちですが、一回で大量に撒くと、食べきれないコマセを追って、自分のポイントから離してしまって逆効果になります。

 

強く引き上げない
魚が掛かった時に、アジは口が弱いので、慌てて強く合わせると、唇が切れてしまいます。

 

また、急いで引き上げようとすると、やはり口切れを起こして逃がしてしまいます。慌てずゆっくりと引き上げます。

 

魚の外し方
サビキ仕掛けは8本針や10本針になっていて、アジは一回に全部のハリに掛かってくるような釣りです。

 

10本針に10匹釣れた時に、一匹一匹外すのは大変で時間も掛かって、手返し良く釣る事ができません。

 

そこでお魚の外し方は、片手で竿を持ち、もう片方の手で仕掛けの先端を持ちます。仕掛けは張り気味にして仕掛け側の手をピンピンと振ると、口の弱いアジはハリから外れます。

 

外れたアジを拾った方が断然早くなります。

 

後は実釣あるのみです。

 

たくさんのアジを釣って美味しく食べて、釣り人の幸せを味わいましょう。