アジのサビキ釣りに必要な釣具とは?

アジのサビキ釣りに必要な釣具とは?

アジ狙いのサビキ仕掛けに必要な釣具は?
サビキ仕掛け釣りの釣具を揃えておいくら?
出来るだけ安く揃えておいくら?
良い物揃えておいくら?

 

スポンサードリンク

サビキ釣りに必要なもの

とにかく安く釣りがしたい!

 

出来るだけ安く、出来るだけ手軽に釣りを楽しみたい人は、サビキ釣りセットです。

 

アジ狙いのサビキ仕掛け釣りは、超初心者や家族でも気楽に釣りを楽しめるのが魅力なので、そこで本格的に揃えるのはナンセンス!

 

サビキ釣りを最低限楽しめる範囲で揃えてみよう!

 

まずは竿とリールですが、サビキ釣りは人気の釣りなので、サビキセットとして色々な種類が売っています。

 

 

例えば、このようなサビキ釣りセットがあります。

 

後は、寄せエサのハイパワーアミエビでも買っていけば、すぐに釣りを楽しむ事が出来ます。

 

これであれば合わせて3千円ちょっとです。

 

他にもサビキ釣りセットで色々な種類があって、セット内容もマチマチなので、
ヤフーショッピングの『サビキセット』で探してみて下さい。

 

とにかく安く釣りを楽しみたい人には、サビキセットで揃えるのが楽チンです。

 

小道具はもう少し揃えたい!

釣具の中で最もお金が掛かるのが、竿とリールです。

 

そこで、竿とリールはサビキ釣りセットの竿とリールセットで安く済ませて、小道具くらいはもう少し揃えるのも良い揃え方でしょう。

 

あれば便利な小道具を案内します。

 

仕掛け

釣る以上は釣りたい!が人情です。そこで生命線になるのがサビキ仕掛けです。

 

お魚は気まぐれで、時間帯やシーズン、場所によって食って来るサビキのタイプや色が違ってきます。

 

仕掛けは数種類用意して、釣れてる仕掛けで釣る!が釣果に最短です。

 

ヤフーショッピングの『サビキ仕掛け』を見て下さい。

 

ハゲ皮やスキンの素材の違うサビキとピンクやグリーンなどの色が違うサビキと色々な種類がありますので、素材、色違いを数種類用意すれば安心です。

 

後は予備です。

 

サビキカゴやインタースナップは無くなったら釣りが出来ないので、一個二個は予備が欲しいです。高いものでは無く、100円200円程度です。

 

仕掛け以外の道具

竿からハリまでの、仕掛け以外にあったら便利な道具を2つ紹介しておきます。

 

一つ目が 水汲みバケツです。

 

水は手を洗うにしても何かに付けて必要です、その水を安全に防波堤の上から汲めるのが水汲みバケツです。

 

300円くらいからの物ですが、とても重宝します。

 

次は、クーラーボックスで、お魚を美味しく持って帰るには必需品ですし、
その他にも飲み物やお弁当、エサなども入れておく便利ものです。

 

安いものは千円以下で買えますが、高いものは2万3万はします。

 

ここは紹介するのに悩むところです。出来るだけ安く!と案内しているので、安いクーラーボックスで良いです!と言えば良いのですが、クーラーボックスは安物買いの銭失いになります。

 

まずは4千円5千円程度の中途半端なものは止めておきましょう。

 

クーラーボックスは釣り以外にも何かと使うものです。アウトドアや子供のスポーツなどなど、そんな用途がある人は奮発して良いクーラーボックスを買っておきましょう。

 

今回の釣りにしか使う予定は無いし、長時間も釣りをしないのであれば、千円以下のものが良いでしょう。

 

一回とは言いませんが、数回の使い捨て感覚であきらめのつく価格で選ぶのが良いと思います。

アジのサビキ仕掛け

 

 

 


色々なサビキ仕掛けがありますね。釣りの楽しさは、『この仕掛けが釣れるかな?』と考えるところから始まります。