アジのサビキ仕掛け釣りとは?

アジのサビキ仕掛け釣りとは?

アジ狙いのサビキ仕掛けは、クーラーボックスが一杯になるような釣りが楽しめます。

 

どんな仕掛けで、どのように釣るの?を見て行きましょう。

 

スポンサードリンク

アジのサビキ仕掛け

サビキ釣りは、”サビク”という動作の言葉が語源ですが、現在は擬餌バリがたくさん付いた仕掛けをサビキ仕掛けと言い、この仕掛けを使った釣りをサビキ釣りと言います。

 

まずは市販の仕掛けを見てみましょう。

 

 

市販で売ってるサビキ仕掛けです。
 
仕掛けとしては、擬餌バリ、つまりエサに似せたニセのエサがたくさん付いてる仕掛けです。
 
仕掛けとして売ってるのは大抵は右のようなハリの部分がサビキ仕掛けとして売っています。
 ↓↓
サビキ革命 

仕掛けとして完成させるには、仕掛けと道糸を連結させる『  インタースナップ』と
コマセカゴが必要です。

 

コマセカゴは仕掛けの下部に取り付けますが、コマセ袋は仕掛けの上部に取り付けます。

 

コマセカゴはカゴとオモリがセットになっているのでオモリは必要ありませんが、上部に付けるコマセ袋は下部に付けるオモリが必要になります。

 

下記のはカゴタイプです。

 

 

コマセ袋はオモリも何も無い網になっていますが、コマセカゴ(メーカーによってサビキカゴ)はカゴの下にオモリが内蔵されています。

 

もう一度上に戻って、サビキ仕掛けを見て下さい。

 

サビキ仕掛けの上と下にスナップがあります。この上のスナップに付けるのがコマセ袋で、下のスナップに付けるのがコマセカゴになります。

 

そこで、コマセ袋には忘れていけないのがオモリです。

 

コマセ袋の仕掛けには、仕掛けの下部に右のようなナス型オモリが必要です。

 

重さは5号から8号程度で良いので、このオモリを仕掛けの下部に取り付けます。

 

 

サビキ仕掛け釣りは、コマセ袋やカゴの中に寄せエサとなるコマセを入れて、魚を寄せて釣る釣りです。

 

沢山の擬餌バリは、水中でシラスなどの小魚に見えたり、コマセと同じ小エビなどに見えるので、魚が飛び付いて釣れる釣りです。

 

アジが回遊してくれば、ほとんど入れ食いになり、一度に何尾も針掛かりして、大漁を楽しめる釣りになります。

 

手軽に楽しめる釣りの代表選手のような仕掛けがサビキ仕掛けです。

 

また、対象魚のアジは、とても良く釣れるし、釣りやすいし、食べてもとても美味しいお魚です。

 

最もポピュラーで人気の秘密はココで、手軽な仕掛けでたくさん釣れて、しかも美味しい!

 

この魅力的な釣りが、アジのサビキ仕掛け釣りです。