アジのウキ釣りの釣り方は?

アジのウキ釣りの釣り方は?

アジ釣りの基本的なウキ釣りを覚えましょう。良く釣れるポイントは?タナとりは?などの疑問から、釣り方は?について覚えましょう。

 

スポンサードリンク

ウキ釣りの釣り方

ポイント選び
防波堤の一番のポイントは、防波堤の先端部です。これはサビキ釣りでも同じです。

 

それは、先端部は一番潮通しが良く、アジのような回遊魚には最高のポイントになるからです。お魚が寄ってくる場所=最高のポイントです。

 

先端部のポイントが空いてれば、ぜひ先端部で釣りを始めましょう。

 

ただ、人気のポイントはみんなも狙うので、すでに釣り人で一杯と言う事もあります。その時には、先端部にこだわらなくても良いように、他の人気のポイントも紹介しておきましょう。

 

次に良いポイントは、防波堤の角の外側です。

 

防波堤の角は、潮流の変化が起こりやすい場所になります。変化がある場所は、エサとなるものが溜まりやすいので、お魚にとっては最高の餌場になるのです。

 

または、住処としても良いのです。

 

変化がある場所はお魚にとって安心できる場所になりますし、潮流の変化でエサが溜まる場所にもなるのです。

 

結果、お魚が集まってくるので、釣れるポイントになるのです。

 

但し、それでもポイントに人が入ってる時は、割り込みなどしないで空いてる場所で釣りましょう。

 

先端部や角で釣りが出来ないときは、潮の流れを確認します。防波堤の上で横一列で釣るような場所では出来るだけ潮流の下で釣ります。

 

潮流の上でコマセを撒いてる人がいれば、自分の場所に流れて来ます。そのような場所を選ぶと良いでしょう。

 

 

タナ取りは?
タナとは、そのお魚が食ってくる深さの事です。アジは底から1m以内くらいにいて、コマセにつられて上がってきます。

 

朝や夕方、夜はかなり上層まで上がってきますが、天気の良い昼間は底の方にいます。

 

同じ昼間でも、晴天と曇天ではタナが変わるので、小まめにウキ下は調整しながら食って来るタナを見つけましょう。

 

固定ウキ仕掛けでは、ウキ下を1mから3mで調整しながら始めれば良いです。

 

 

釣り方は?
仕掛けが出来たらいよいよ釣り始めます。

 

まずはコマセを撒きますが、仕掛けを入れる場所にコマセを撒くのではなく、仕掛けを入れる場所より潮流の上にコマセを撒きます。

 

撒いたコマセが、沈み始めて仕掛けを入れる場所で、仕掛けとコマセが同調するするようにコマセの投入位置を調整します。

 

コマセを投入したら仕掛けを入れます。

 

これを繰り返しますが、コマセは一回に大量に撒くのではなく、少量を撒く回数を多くするようにします。

 

そうすることで、アジの群れを自分の釣り場に長く留めておく事ができます。結果、たくさん釣れるようになります。

 

 

時間帯
アジは朝方のうす暗い時や、夕方から夜に掛けて海面に近づきます。この時間帯はチャンス大です。

 

ウキ下を浅めにして手返し早くするとたくさん釣れます。

 

必釣のテクニック

 

手返しを早く
アジは群れを作って回遊しているので、釣れ始めたらドンドン釣れて来ます。

 

このタイミングにいかに多く釣るかが大事です。手返しを早くして休まないで釣るようにします。

 

群れを逃がさない
アジは回遊魚なので、釣れていてもしばらくすると別な場所に行ってしまいます。それでも少しでも自分のポイントに留めておく方法があります。

 

それはコマセの使い方です。

 

コマセの撒き方のコツは、少量ずつ撒く回数を増やす事です。初心者の人は、一回で多く撒いても同じと思いがちですが、一回で大量に撒くと、食べきれないコマセを追って、自分のポイントから離してしまって逆効果になります。

 

なので、少量ずつ、撒く回数を増やすのがコツです。

 

強く引き上げない
魚が掛かった時に、アジは口が弱いので、慌てて強く合わせると、唇が切れてしまいます。

 

また、急いで引き上げようとすると、やはり口切れを起こして逃がしてしまいます。慌てずゆっくりと引き上げます。

 

魚の外し方
アジは口が弱いお魚です。そこでハリを外すよりも、一瞬力を入れて引いてしまえば口が切れて簡単にハリを外す事ができます。