アジのウキ釣りとは?

アジのウキ釣りとは?

サイズの良いアジが釣れたり、釣り趣が楽しいのがウキ釣り!ウキ釣りについて紹介します。釣り味を楽しみながらアジをたくさん釣りましょう!

 

スポンサードリンク

アジのウキ釣り

ウキ釣りは、リールを使わないノベ竿を使った固定ウキ仕掛けと、リール竿を使った遊動ウキ仕掛けがあります。

 

固定ウキ
固定ウキのメリットは手返しが早い事です。ウキ下調整だけで簡単に釣る事が出来るので、夕方などのアジが岸に寄ってる時は、断然固定ウキの方が釣りやすいです。

 

反面、固定ウキは、タナが深いときや釣れるポイントが沖目の時は分が悪いです。

 

竿は3.6mから4.5mくらいのノベ竿に、道糸は1号程度の太さで、竿と同じ長さにします。

 

ウキは玉ウキや感度の良い棒ウキを使い、ハリスは20cmくらい、オモリはカミツブシなどの軽いものを使います。

 

 

初めは市販のウキ仕掛けが簡単で良いです。

 

ウキとオモリやハリまでのバランスが取られているので、竿に繋げれば良いだけです。

 

後はエサを用意してすぐに釣りが始められます。ウキ下は1mから3mくらいで釣り場によって調整します。

 

遊動ウキ
遊動ウキ仕掛けは、リール竿を使って釣ります。

 

遊動ウキは、遠くのポイントから近くのポイント、浅いタナから深いタナまで狙える万能仕掛けです。

 

コマセを使って、アジを寄せながら釣って、サビキ仕掛けよりは大きなアジが良く釣れます。

 

 

仕掛け作りは難しくはありませんが、慣れないうちは作り方が解らないでしょう。

 

慣れてくれば、ウキからハリまで全部自分好みに仕掛けが作れますが、初めは市販品をオススメします。

 

市販品を一回二回と使えば、仕掛けの作り方やウキとオモリとの兼ね合いも理解できてきます。

 

作り方が解ったら自分で揃えれば良いので初めは市販品のウキ釣り仕掛けが便利です。

 

ウキ釣りは、同じ仕掛けで釣りながら、アジはもちろんの事、メジナやメバル、時にはクロダイも釣れたりするワクワク感がたまらない釣りです。

 

釣れるサイズもサビキ釣りよりはアップも望めるので非常に楽しい釣りが出来ます。

 

仕掛けの作り方や釣り方は、サビキ仕掛けよりはグレードアップしますので、初めは多少難しくも感じるかも知れませんが、その分、釣り味としては面白味が増しています。

 

魚が掛かった瞬間のウキのヒュッと入る時が面白い釣りです。