アイナメのヘチ釣りとは?

アイナメのヘチ釣りとは?

アイナメ釣りの基本形とも言える釣りはどんな釣り?アイナメ狙いのヘチ釣りを覚えよう!引き味を味わいながらアイナメをたくさん釣ろう。

 

スポンサードリンク

アイナメのヘチ釣り

ヘチ釣りはアイナメ釣りの最もポピュラーな釣り方です。

 

ヘチとは、防波堤のギリギリの場所の事で、このキワを狙って釣るのがヘチ釣りです。

 

防波堤のキワや竿の届く範囲を丹念に歩きながら、オモリで軽くトントンと言うように底を探りながら釣り歩きます。

 

アイナメは回遊魚のように広い範囲を泳ぎ回るお魚では無く、一定の場所に潜んでいる定着魚です。

 

エサとなるものが来るのを待っているお魚なので、アイナメの居そうなポイントを探り歩いて釣ります。

 

仕掛けを見てみましょう。

 

アイナメのヘチ釣りにはこのブラクリ仕掛けを使います。

 

 

見て解る通り、オモリとハリの間隔が極端に短くなっています。これは根掛りを減らす為の工夫の仕掛けだからです。

 

アイナメは岩礁にいるので、岩に仕掛けが掛かる確率が高い釣りです。

 

底を釣るのでオモリが底に着いたのが解る瞬間、ハリスが長ければハリが引っかかる可能性が高くなります。

 

これをブラクリにすると、底にオモリが着いた瞬間がハリの位置なので、すぐに竿を上げれば岩からハリが離れて引っかからないのです。

 

アイナメは上からユラユラと落ちてくるエサに興味を持つので、下の様なブラーと言う仕掛けもあります。

 

 

ブラクリにしてもブラーにしても、道糸に結ぶだけでOKな簡単な仕掛けになります。

 

30cm超えのアイナメはポン級とも言います。ビール瓶は1本2本と数えるので、それにたとえてです。ポン級アイナメを狙って釣りましょう。