アイナメ(鮎魚女)とは

アイナメ(鮎魚女)とは

アイナメは、引きの強さが強烈なので、釣り人にも人気です。

 

見た目は、美味しそうに見えませんが、実は大変美味しいお魚です。

 

スポンサードリンク

アイナメ

アイナメは、茶色い胴がずんぐりしていて美味しそうには見えない魚です。しかし、身は透明感のある白身で、口に入れると美味い!と唸る美味さです。

 

旬は夏で、活け締めしたものが美味いです。

 

市場では、活け締めされたものはあまりで出回らないので、意外と高めで取引させています。そんな美味しいアイナメを手軽に食べられるのも釣り人の特権です。

 

日本各地の沿岸に生息していますが、特に東京湾や鹿島灘、瀬戸内海などで釣る事ができます。

 

ハリに掛かると、尾を振るのでグイグイと引き味があって面白く、釣り人の間で人気があります。

 

鹿島灘では、アイナメ狙いの専用の釣り船もあります。

 

東京湾では、沖釣りでも釣れますし、防波堤や消波ブロックからの投げ釣りでも釣れます。

 

アイナメで大物が釣れると、その色合いや形が似てる事から、ビール瓶サイズと言って喜ばれます。

 

サバキは難しい
アイナメは、ウロコが小さく、ビッシリと付いているのでさばくのは難しいお魚で、包丁では取り難いです。

 

鮮度が大事
鮮度が少しでも落ちてくると、身がやわらかくなってしまって、三枚におろすのが難しくなります。足が早いお魚なのでお店でもアイナメのお刺身を扱ってるところは少ないです。

 

釣り人は、釣りたてなので刺身で楽しむ事ができます。

 

料理
刺身の他にも、煮物や味噌をつけて焼いても美味しいです。その他にも、淡白で味が染み込みやすいので、色々な調理法があって、空揚げにしてあんかけにしても良いですし、空揚げにポン酢でも良いです。

 

北海道では
北海道では、50cmを超える大物も釣れるます。アブラコと呼ばれて、食卓に上がる人気の魚です。家庭では、煮つけで食べる事が多いです。

 

名前
アイナメは地方によって名前が変わります。
北海道ではアブラコ、東北ではネウ・ネウオ・シンジョ、茨城はアイナ・エイナ、静岡はベロ、北陸はシジュウ、関西以西はアブラメ、三重はナメイオ・コモズミ、中国地方はモズ、愛媛はモミダネウシナイ、長崎はヤスリなどと呼ばれています。