氷締めで美味しく食べよう

せっかく釣ったお魚さんは、美味しく全部食べましょう。

 

美味しいお魚さんの持ち帰り方も大事な釣りの一部です。

 

スポンサードリンク

なぜ締めるの?

釣った魚を鮮度を落とさない為にする事があります。

 

それが”締め”という血抜きをする事です。中型や大型の魚は生け締めと言って、エラの付け根の部分を切って、締めと血抜きを同時に行ないます。

 

血抜きは、生臭みを抑えて魚本来の旨味を引き出してくれるのです。

 

よく帰るまで生かしておいた方が鮮度が良い!と思われる人もいますが、バケツの中で生かしておいても鮮度はドンドン悪くなっているのです。魚によっては、”生き腐れ”という言葉があるほどです。

 

死んだ状態で締めないと、血が体内を巡って嫌な臭いが出たり味が落ちてしまうのです。それであれば魚に合わせて締めてしまった方が、断然美味しく食べられる状態で持って帰れるのです。

 

美味しく持って帰る為に、締めるのです。

お魚を美味しく持ち帰る方法

締めるにはいくつかの方法がありますが、25cm以下のお魚さんは氷締めが一番です。

 

保冷力のすぐれたクーラーボックスに、たっぷりの氷と、魚がかぶる程度の海水を入れて、後はドンドンと釣れた魚を入れていくだけで氷締めが出来ます。

 

メゴチなどの匂いのある魚はビニールに入れてからクーラーボックスに入れるのが良いでしょう。

 

氷締めでの注意点は、小型の魚だけという事です。中型以上の魚では、締まる前に血が回ってしまうので意味がありませんので注意して下さい。

 

大きい魚が釣れたら、エラの付け根にナイフを入れて、逆さにして水の入った水汲みバケツに入れておきます。しばらくして血が抜けてからクーラーに入れます。

 

釣り人にとって、釣った魚を美味しく食べられるというのが特権です。折角釣ったお魚さんは鮮度を保って持ち帰りましょう。

 

なので、氷はケチってはいけませんので、たっぷりと氷は用意しましょう。

 

ポイントは、たっぷりの氷と海水を入れる!です。

 

また、釣り人にとってクーラーボックスは重要なアイテムの一つです。保冷力の高い良いクーラーを選びましょう。

 

長いスパンで考えると、1kgのブロック氷は300円くらいします。保冷力の高いクーラーは一個で十分ですが、安いクーラーは溶けるのが早く、氷が溶けたらもう一個、また一個と買うことになるので、その費用と手間を考えたら、初めから良いクーラーを買った方が断然お得です。

 

釣りを続けたなら、後から保冷力の高い良いクーラーを初めから買っておいて良かったな!と必ず実感すると思います。

 

ワンポイントとして、フタに投入口が付いてるものが良いです。

 

ちょっと見難いですが、右のクーラーにはフタに投入口が付いています。

 

この投入口が付いていると魚を入れる時に、フタを全開にしなくて良いので、とても便利ですし、冷気を逃がさないですみます。

 

自宅の冷蔵庫と同じですね。

 

小型魚は氷絞めにして持ち帰りましょう。