ウキ止めの結び方を覚えよう

ウキを使う釣りには基本的にウキ止めを結びます。仕掛けがタナをキープする為や、アタリが解る為です。

 

ウキ止めの結び方を覚えましょう。

 

スポンサードリンク

ウキ止めの結び方

ウキを使う釣りには、基本的にウキ止めを使用します。

 

少し上級のテクニックでは、ウキ止めを使わないスルスル釣りなどもあります。しかし、通常はウキ止めを付けて、仕掛けをタナにキープして釣ります。

 

ウキ止めの結び方はとても簡単なので覚えておくと助かります。

 

ちなみに、初心者でも簡単に結べるウキ止め糸も市販であります。

 

 

上のウキ止め糸は、白いプラスチックに道糸を通せば簡単に結べるウキ止め糸です。このようなウキ止めを使えば初心者でも簡単に結ぶ事が出来ます。

 

ただし、一回分の長さが決まっているので、経済的ではありません。

 

その点、下記のウキ止めは自分で長さを決めて結べるので経済的です。

 

 

このようなウキ止めを使った時の結び方を覚えておくと、何かと便利です。

 

自分で調整も出来るので、大きなウキに大きなオモリを使った釣りにも対応する事が出来ます。

 

ウキ止めの結び方を動画で見ると解りやすいと思います。

 

参考にして下さい。