トリック仕掛けのサビキ釣り

トリック仕掛けのサビキ釣り

トリック仕掛けのサビキ釣りとはどんな釣り?トリック仕掛けはどうやって釣るの?ここではトリック仕掛けについての紹介です。

 

トリック仕掛けも覚えたら鬼に金棒?釣りに出かけて大漁だ!

 

スポンサードリンク

トリック仕掛けのサビキ釣りとはどんな釣り?

トリック仕掛けとは
通常のサビキ釣りでは、使う仕掛けは擬餌バリが何本も付いた仕掛けを使いますが、トリック仕掛けは、擬餌バリではありません。

 

 

 

上がサビキ仕掛けで、針に疑似餌となるスキンやハゲ皮などが付いてる仕掛けです。対して下の針を見るとカラ針になっていますが、これがトリック仕掛けです。

 

このカラ針にアミエビのエサを付けて釣る釣りです。サビキ仕掛けはいわゆる擬餌バリつまりはニセのエサになりますが、トリック仕掛けは本物のエサになります。

 

サビキ仕掛けは、エサを付ける必要がないので、手返しが早いなどのメリットがありますが、トリック仕掛けのメリットは、サビキで食って来ない時でも、本物のエサのトリックなら釣る事が出来るというところです。

釣り方

アミエビの小さいエサを一つ一つ何本もの針にエサなど付けていられないので、スピードエサ付き器を使います。

 

 

上のはスピードエサ付き器と水汲みバッカンが合体したタイプで、上に乗っているのがスピードエサ付き器です。

 

ここにエサとなるアミエビを入れて、カラ針のトリック仕掛けを通すと、すべての針にエサのアミエビが付きます。

 

疑似餌ではなく、コマセと同じものを付けエサとしているので、効果は絶大です。

 

サビキでは食って来なかったお魚さんも、このトリック仕掛けなら食ってくるという事も多々あります。

 

後の仕掛けの作り方などは、通常のサビキ釣りと同じなので、仕掛けの上か下にコマセカゴをセットして、そこにコマセを入れて釣ります。魚が寄って来ている時は、コマセを撒かなくても大丈夫です。

エサ

エサは冷凍のアミエビか加工のアミエビを使います。加工のアミエビのメリットは集魚効果が高い配合になっているので、より魚を寄せやすい事が一点。

 

切り口に工夫がされているので、手が汚れずにコマセカゴにコマセを入れられるのもメリットです。

 

冷凍のコマセは、解凍までに時間が掛かります。そこで前日から自然解凍の為に冷蔵庫から出しておきますが、いざ出発の時に雨やすごい風で釣行を断念した時に、エサが無駄になってしまいます。

 

しかし加工アミエビは常温で問題がないので、何かと加工アミエビは便利なエサになります。

 

トリック仕掛けの釣り方!

トリック仕掛けは針にエサを付けますが、その付け方は・・・

 

スピードエサ付き器の中にアミエビを入れます。上のスピードエサ付き器を見れば解りますが、上下に溝がありますが、ここに仕掛けを通す事によってエサを付けます。

 

片手で竿を持って、もう一方の片手で仕掛けの先端を持ちます。仕掛けをピンと張った状態で、スピードエサ付き器の上から下に、下から上にと仕掛けを上下に動かすとすべての針にエサが付きます。

 

エサは簡単に付いてるだけなので、仕掛けはゆっくりと海中に入れていきます。ポイントまで仕掛けを降ろしたら、ゆっくりと仕掛けを上下にすると、コマセカゴのコマセが拡散し、それに寄って来たお魚さんが釣れる釣りになります。

 

サビキ釣りの方が、擬似エサが付いているので、釣り方としては簡単ですが、サビキ仕掛けにお魚の反応が良くないときに、トリック仕掛けは効果は抜群です。

 

サビキ釣りの時には、トリック仕掛けも用意しておくと沢山の釣果に恵まれますよ。