投げ釣り用の天秤とオモリの選び方

投げ釣り用の天秤とオモリの選び方

投げ釣り用の天秤とオモリは、絡みが少ないようにワンセットが主流です。なので、投げ釣り用のオモリを指す時は、オモリをはぶいて○○天秤と呼んでいます。

 

この天秤は魚を掛ける為に重要な役目があります。

 

スポンサードリンク

投げ釣り用の天秤

まず、天秤に求められるものは、遠投性と安定性です。

 

次にお魚を釣る為の機能も重要で、お魚が掛かりやすいや、アタリが良く解るなどの機能が求められます。

 

そこで色々考えられて、この条件を満たす為の天秤が考案されています。

 

ただ、大きく分けると3つのタイプに分ける事が出来るので、この3つを紹介します。

 

・全遊動式
全遊動式のテンビンは、オモリの重量に関係なくアタリがストレートに伝わるのが特徴です。

 

アタリが判り易い事から愛用者も多いテンビンです。

 

フロートテンビンなどの他に、始めは固定式だったカイソウテンビンにも全遊動タイプも出ています。

 

 

お魚がくわえた時に、オモリの抵抗も感じ難いので、食い込みも良いと言えるテンビンです。

 

・半遊動式
半遊動式は、テンビンの軸にオモリが通っていて、軸の長さ分だけオモリが動くテンビンです。

 

名前の通リ固定式と全遊動式の中間タイプのテンビンです。

 

 

ジェットテンビン、カイソウテンビンとカイソウテンビンの半遊動型、エンダーテンビンや円盤オモリが脱着できる棒テンビンなどがあります。

 

・固定式
固定式は、オモリをテンビンの軸に固定してあるタイプです。

 

カイソウテンビンがその代表で、キスの数釣りには最適として人気があります。

 

もちろんキス以外にも、カレイや大型魚を狙う時も良く使われるテンビンです。

 

 

カイソウテンビンの使い方は、一方の軸をL字型になるように折り曲げて、曲げた方に仕掛けをセットします。

 

注意
テンビンのどちらに道糸を付けて、仕掛けはどちらか確認しておきましょう。
これを逆に付けてる人もいるので確認です。
オモリから真っ直ぐ出ている軸に道糸で、曲げてる軸の方に仕掛けです。

 

オモリがテンビンの前方にあるので、飛行中は安定し、仕掛けが絡むトラブルも少ないテンビンになります。

 

遠投性も他のテンビンに比べて良く、飛距離も出やすいです。また45度くらいで着水すれば、スッと着水するので着水音も低いです。

 

オモリの号数の選び方
投げ釣りで使うオモリの重さは、竿とのバランスです。通常竿には、適合オモリ○○号〜○○号などの表示があるので、この表示内の重さを使えば間違いはありません。

 

これが基本です。

 

投げ釣りに使うオモリには、号数があります。この号数と言うのは重さの事で、数字が大きくなるほど重くなります。

 

竿とのバランスが余りにも悪いと、竿を折るなどの破損をしたりするので、基本的には適合オモリの重さで選びます。