投げ釣り用のリールの選び方

投げ釣り用のリールの選び方

投げ釣り用リール選び方のご案内です。

 

投げ釣り用のリールに求められる性能は、より遠くへオモリを飛ばす為に道糸が抵抗なく出て行く事などが必要です。

 

スポンサードリンク

投げ釣り用のリール

リールには両軸リールとスピニングリールがありますが、投げ釣りではスピニングリールを使います。

 

尚且つ、投げ釣り用のリールを使用します。

 

上のリールと下のリールを比べてみましょう。

 

 

 

上のリールは磯釣りなどに使われるリールで、下が投げ釣り用のリールです。

 

糸が巻く場所をスプールと言いますが、このスプールを比べると、投げ釣りの方が長くて溝が浅い事が解ります。

 

これは、投げ釣りのリールに求められる機能が、出来るだけ遠くに仕掛けを飛ばす為です。

 

スプールの溝が浅くて長いと、道糸に抵抗が掛からずに、糸ヨリも掛かり難いので、抵抗が少なくより遠くに飛ばす事が出来る為です。

 

同じスピニングリールであっても、このように求める機能が違うので専用のリールを使った方が、断然釣りやすく釣果にも繋がります。

 

リールのタイプ
リールのタイプには、スプールに巻ける糸の太さと量によって、極細糸用、細糸用、太糸用などのラインナップがあります。

 

極細用のスプールに、太い糸が巻ける替えスプールがあるタイプのモデルもあります。

 

リール自体のサイズも大小あって、4m前後の竿でポイントも近かければ小型か中型が良いです。

 

ただ、大は小を兼ねるではないですが、初めから大型の方が用途はあります。

 

ハンドルの選び方
ハンドルの選び方の結論を先に書くと、『利き腕の反対がハンドル』です。

 

右利きの人は左ハンドル、左利きの人は右ハンドルです。

 

右利きを例にすると、キャスティングの時に右手はリールで左手は竿の尻を握っています。

 

左ハンドルであれば投げた後、右手で竿を持ったまま左手でハンドルを巻けますが、逆だと一々持ち替えなくてはいけないので、かなり面倒になります。

 

これを一日繰り返す事を考えたら、無駄の時間も大変なもので、キス釣りの数釣りでは釣果に大きな差になってしまいます。

 

同じ釣りでも、どの釣りをするかによって、ハンドルをどちらかにするかは変わります。

 

自分の利き腕をどのように使いたいかで考えれば良いのです。

 

船釣りでは、竿の操作はそれほど必要ではなく、巻く方のパワーに利き腕を使いたいので、右利きなら右ハンドルになります。

 

磯釣りなら、竿は自分の手の延長のように使いたいので、利き腕は竿でその逆がリールのハンドルになります。

 

このように、投げ釣りでは利き腕の逆がハンドルの方が扱い易いのです。