イワシ釣りを楽しもう

イワシは、アジと同じ仕掛けのサビキ釣りで釣れ、シーズンもほとんど同じなので、アジと同じように釣れます。

 

アジよりも、一日の中では釣れる時間帯も長いですし、たくさん釣れるので、初心者やファミリーにはとても人気のあるお魚さんです。

 

数釣りの代表選手のようなお魚さんです。

 

スポンサードリンク

イワシを釣ろう

海釣り公園や防波堤のサビキ釣りの御三家は、アジ・サバ・イワシです。本命魚とされるアジは気まぐれなお魚ですが、イワシはいつも釣れるお魚として人気の高いお魚です。

 

イワシの釣れるシーズン
イワシの釣れるシーズンは、6月くらいから釣れ初めて、11月くらいまでは釣れるので、釣るシーズンとしてもちょうど良い時期に釣れる魚です。
ゴールデンウィークくらいでも、場所によっては釣れ初めるので、事前に情報を調べて行けば、子供などは大喜びする釣りです。

 

イワシの良く釣れるポイント
イワシは回遊しているので、比較的場所を選ばずにどこででも釣れる魚です。潮が動いていれば、潮に乗って回遊してきます。
但し、水深の無い浅い所は期待できないので、水深のある場所を選びましょう。

 

盛夏から初秋には港内深くまで入ってきます。

 

イワシ釣りの釣り方
海釣り公園でのイワシの釣り方は、サビキ釣りやトリック仕掛けのサビキ釣りで釣ると沢山の釣果が期待できる釣りです。

 

サビキ釣りは、コマセカゴに寄せエサを入れて2mほど仕掛けを降ろし、海面近くまで竿先でシャクリ、また降ろしてシャクルを繰り返すと、イワシの群れが寄せエサに寄って来て、針の付いたサビキにも掛かって釣れます。

 

アジは姿が見えませんが、イワシは寄せエサに乗って右往左往して湧いてくるのが見えたりします。ここで順調に釣れてれば良いのですが、何が気に入らないのか、サビキに見向きもしない時があります。

 

こんな時に利くのがトリック仕掛けです。ぜひ試して下さい。周りが釣れていないのに自分だけが大漁ということもあります。

 

イワシ釣りのエサ
サビキ仕掛けの時はアミエビを使用します。エビの小さいのが冷凍して売っているので、それを自然解凍して使います。大抵の釣具屋さんにあります。

 

又はアミエビは解凍するのが手間ですし手が汚れます。そんな時に役立つのが、『ハイパワーアミエビ』などのエサです。集魚効果も高いですし300円前後とお手軽なので、事前に用意しておくのが良いです。

 

イワシの美味しい食べ方
イワシは刺身、酢の物・焼き物・しょうがを入れて煮物・てんぷら・つみれと何にしても美味しい魚です。

 

ただ、料理の前にイワシは鮮度が大事です。まずは鮮度を保って持って帰る事が大事なので、イワシは氷締めにして持ち帰りましょう。

 

ワンポイント
上手くすると、10本バリに10匹が掛かるような釣りですが、釣れた時の魚を外す時のワンポイントアドバイスとしては、竿を置いて一匹ずつ外す!のではなく。

 

片手で竿を持って、もう片方の手で仕掛けの先端を持ちます。仕掛けをピンとハリ気味にして、仕掛けを軽く振ってみて下さい。10匹付いていた魚が、ピンピンと外れると思います。

 

落ちた魚を拾った方が断然早くて、手返しも早くなって、結果、たくさん釣れる事になります。

 

仕掛けを振る時に、振り過ぎると魚が飛んで行ってしまいますが、多少の練習とコツが解れば上手に外せるようになります。コツは、竿の方を振るのではなく、仕掛けの先端を引くように振ることです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム