海つり公園とはどんな場所?初心者向きの釣り場なの?

海つり公園とはどんな場所?初心者向きの釣り場なの?

海釣り公園とはどんな場所なのか?どんな施設?トイレは?売店は?安全は?

 

などについて、海釣り公園とはどんな場所なのか案内しましょう。

 

初心者でも、女性でも安心で釣りやすい場所にはなりますよ。

 

海釣り公園

海釣り公園は釣りのための施設として運営されているので、
基本は有料です。

 

とは言え、無料で運営されている海釣り公園もあります。

 

事前に『海釣り公園一覧』で見ておくと良いですね。

 

海釣り公園は、海に張り出している堤防であったり、
もしくは釣り専用に作られた桟橋などがあります。

 

堤防にしても桟橋にしても、沖合まで陸続きで行けるので、
足元から水深があるところでの釣りができるのです。

 

足元から水深があると言う事は、
仕掛けを真下に落とすだけで釣る事ができるので釣りやすいのです。

 

堤防や桟橋では落水をしないように手すりがあったり、
無料でライフジャケットを貸してくれるところもあるので、安全にも配慮されています。

 

とは言え、海釣りは海のレジャーである以上は油断は禁物なので、
安全対策は自分でもしっかりとしておくことが大事です。

 

海の釣りは自然の中の遊びなので安全配慮は大事なので、
小さな子供と釣りをしたい人などは、その意味でも海釣り公園がおススメです。

 

海釣り公園は都市近郊が多いので、
都市圏から釣りに行く人にも近くて良い場所になります。

 

スポンサードリンク

海釣り公園は首都圏に近い?

海釣り公園は、
都市部の近くに多くあります。

 

その理由は、日本の経済成長の中で都心部近郊の海沿いはどんどん埋め立てられて、
海岸線のほとんどが工場や港湾施設になってしまいました。

 

その結果、立ち入り禁止のエリアばかりで、
海が近くても海に入れない状況や釣りが出来ない状態となりました。

 

そこで造られたのが、
海釣り公園や海釣り施設です。

 

なので、海釣り公園は比較的に都心部の近くにあるのです。

 

その意味で海釣り公園は、休みの日に気楽に釣りに行こうか!
と思い立ったら行ける場所になります。

安全度は?

海釣りはまずは自然の中と自然を相手にする遊びなので、
油断をしてはいけないというのが前提です。

 

それが前提ではあるので、
安全への配慮は絶対に忘れてはいけませんが、
その中で海釣り公園は安全な釣り場になります。

 

その理由は、
海釣り公園以外の堤防や砂浜はすべて安全管理は自己責任です。

 

もちろん、海釣り公園でも安全管理の基本は、
自己責任と自己管理です。

 

しかしながら海釣り公園は、岸壁や堤防に手すりを付けあったり、
ライフジャケットを貸してくれたりするので、安全に配慮した施設ではあります。

 

海の自然の中で遊ぶ以上は、安全管理は自己責任ですが、
それでも安全に配慮した中で楽しめる場所と言えるのです。

 

釣りを楽しむには無理をしない事と
ライフジャケットの救命具を着る事をおススメします。

 

釣りを楽しむには、
安全に配慮してこそです。

施設内も充実?

海釣り公園によりますが、
施設なので充実している部分があります。

 

普通の堤防などは釣りをする為の物ではなく、
波を防ぐための建造物でしかないので、
トイレなどは無いですし、お店なども近くにないところが普通です。

 

しかし海釣り公園は釣りの為の施設なので、
まずトイレはほぼ確実にあります。

 

トイレがあるのはファミリーにとって
一番大事だったりしますが、トイレはあるので安心です。

 

また、簡単な軽食なら食べれる環境になっていたりして
売店や食品自販機などがあります。

 

釣りの仕掛けや氷なども売っていたりするので、
仕掛けが無くなってしまったすぐに買えますし、
お魚が釣れたら持ち帰る為の氷も買えます。

 

海釣りは自然な環境で楽しむレジャーですが、
自然ながら施設を利用できる環境なのが海釣り公園のメリットになります。

主な対象魚は?

海釣り公園で釣れる対象魚は、
意外と多いので安心です。

 

もちろん、釣り場やシーズンによって変わりますが、
メバルやアイナメ、カサゴ、アジ、イワシなどの釣りやすいお魚から、
時にはクロダイが釣れたりします。

 

中心は小型のお魚がメインにはなりますが、
小型は数釣りが楽しめるので、子供などは釣れる事が楽しいので、
むしろ数釣りが良いですね。

 

そんな数釣りを楽しみながら、時にはビックワンというような
大型が掛かったりして海釣り公園中の眼差しが独り占めと言うこともあります。

 

子供が大型のクロダイを釣り上げたりしたときには、
周りから拍手が起こる事もあります。

 

対象魚はそれぞれの海釣り公園の場所や
季節により変わるので事前に確認しておくと良いです。

禁止の釣り方がある?

釣り公園によっては、
禁止をされている釣り方もあるので事前に確認しておきましょう。

 

常に禁止ではなく、
混み合う時に禁止になる釣り方もあります。

 

例えば、重いオモリを遠投するような投げ釣りは危険なので、
近くに人がいる時にはできないので、当然ながら混み合っている時などは禁止です。

 

投げ釣りでも、オーバースローではなく、
アンダースローで投げるようなちょい投げ釣りはOKだったりします。

 

後は、コマセという撒き餌さの釣りが禁止だったりするので、
禁止の釣り方があるのでこちらも事前に確認をしておきましょう。

出かける前の確認事項

出かける前の確認としては、

  • 今現在釣れているお魚
  • 禁止の釣り方
  • オープン時間
  • 駐車場の有無・金額・大きさと混むか
  • 施設の利用料

 

行きたい海釣り公園があるのであれば、
直接その海釣り公園のサイトを見に行くと、
上記の情報は解ると思います。

 

行きたい釣り場は決まっていなくて、
どこかに海釣り公園がないか探したい人は、

で探せます。

 

海釣り公園は、レジャー施設としても人気なので、
駐車場の混み具合などは事前にチェックしておくのがおススメです。

 

釣りに良い季節の休日などは、かなり混み合ったりするので、
早めに出掛けるのが良いですね。

 

場所によっては駐車場が混み合って、
入れなかったり駐車待ちにもなる所があります。

 

駐車待ちにでもなったら、折角の楽しい釣りの時間が無くなってしまうので、
早いに越した事はありません。