水汲みバケツの選び方

水汲みバケツの選び方

海釣り公園に使う水汲みバケツを選びましょう。釣りにおいては、すべての釣りに必要なのが水汲みバケツです。

 

スポンサードリンク

水汲みバケツを選ぼう!

水汲みバケツは、名前の通り単純明快で、水を汲む為のバケツです。とは言え、バカにはできない釣りのアイテムで、その必要性はかなり大きいです。

 

まずは、その水汲みバケツを見てみましょう。

 

 

これが水汲みバケツです。この単純なアイテムは、釣りの色々な場面で活用するホントに便利なアイテムです。

 

上のは、少しカッコ良いのを紹介しようと思ったら、少し高めで1000円以上してしまいました。

 

でも、この水汲みバケツは数百円のの安いもので十分です。

選びのポイントは?

先に、選ぶポイントを紹介しておきます。

 

そんなに沢山はありません。まず、水汲みバケツで選ぶ事!当たり前ですね。

 

絶対条件としては、ひも付きであることです。この紐がないと意味がないので、安いからと思って、紐なしを買ってしまうと、紐だけ買わなければいけないので、初めからひも付きが良いです。

 

次に、反転タイプが良いです。この反転タイプは、バケツが海面に着くとバケツが反転して、沈むようになります。

 

程よく沈んだところで、紐を引っ張り上げると水が汲めてる状態になります。反転タイプ以外では、海面にバケツが降りても、そのままの状態で、海面に浮いてる状態になってしまうのです。

 

そこで、紐を前後左右に動かして、バケツを倒すようにして汲み上げることになります。

 

なので、反転タイプでなくても、もちろん汲めることに支障はありませんが、反転タイプの方が楽だ。と言うことです。

 

もう一つは、200円300円の安すぎるバケツは、注意してください。水汲みバケツは、水を汲むためのアイテムなので、安くても高くても機能的には大きな差はありません。ただ、素材は大きく違います。

 

安いタイプは、すぐに穴が空いてしまいます。

 

300円のをすぐに買い替えるくらいなら、800円前後の水汲みバケツを使った方が、断然良いと思います。

 

最後に、水汲みバケツの用途についてです。

 

水汲みバケツは、水を汲むための道具です。では、何にそんなに水を使うのか?とも思いますね。

 

まず、冷凍のアミエビを溶かす際に、バッカンの中にアミエビを入れて、そこに海水を入れるのに使います。

 

また、単純に手を洗うにも使います。釣り後にコマセが防波堤の上に飛び散っているんので、それを洗い流したりします。

 

お魚が釣れて、氷締めで持ち帰る時は、クーラーボックスに氷と海水を入れます、その時にも使います。

 

このように、釣り場では何かと水を使うので、その際に水を汲むために使います。

 

でも、海で釣りをするのだから、周りは水だらけだから、わざわざ水を汲むためのバケツなんか必要なの?と思う人もいるかも知れませんね。

 

確かに周りは、水だらけなのですが、意外と水を汲める環境には、ほとんどの釣り場は無いと思った方が良いです。

 

中には、足場が低いところで汲めたり、階段式になっている場所では汲めたりしますが、この方が稀です。

 

大抵は、水を汲めない状態か、汲むのに危険を冒さなければいけない場所まであります。

 

この水汲みバケツがひとつあれば、水を汲むのも安全に、お手軽ホイホイです。釣りをするなら、必ず水汲みバケツは用意しましょう。