メバル釣りを楽しもう

メバル

メバルは、目が良いので少し強敵ですが、それでも釣りやすいお魚なので、初心者にも最適です。

 

しかもメバルの煮つけは最高に美味しいです。

 

ぜひ、チャレンジしてみましょう。

 

スポンサードリンク

メバルを釣ろう

メバルの煮付けは最高です。自分の釣ったメバルで美味しい煮付を作りましょう。

 

メバルは、昼でも釣れますが、夜釣りの方がベストで、良く釣れます。

 

メバルは『目張』とも言いますが、名前の通りパッチリした目をして、とても視力が良い魚です。

 

そして、又の名を『春告魚』とも呼ばれ、早春から釣れ始めるので、メバルが釣れ始めると春の訪れを感じる事が出来る魚です。

 

メバル

 

メバルの釣れるシーズン
メバルは、3月の後半から、7月の前半くらいまでが味覚の旬で良いシーズンです。

 

比較的長いシーズン釣れますが、秋から春に掛けてが良いシーズンです。

 

釣れる場所
沿岸の海藻の多い入り組んだ岩礁帯。

 

岩の間や溝になってる所、くぼみ、堤防の曲がり角、高低の険しい根周り、または急に深くなる溝なども良いポイントになります。

 

メバル釣りの好条件としては、無風でベタナギの時や、潮が少し濁り気味の時などが良い条件です。

 

メバル釣りの釣り方の種類
メバルを釣る釣り方は、ウキ釣りやフカセ釣り、ミャク釣りなどで釣れますが、それ以外にも、堤防釣りでは珍しい胴突きでの釣り方もあります。

 

 

人気なのはルアー釣りで、カサゴと並んで、小型魚のルアーフィッシングのメインターゲットとして知られています。

メバル用のルアーなどもあります。

 

 

ウキ釣りでは、メバルにも対応している市販の仕掛けなどもありますが、夜釣りのウキは電気ウキを使います。

 
他にも、メバルをターゲットにしたサビキ仕掛けや胴付仕掛けなどもあるので、色々な釣り方が楽しめます。狙って面白い対象魚なので、色々な釣り方でチャレンジしても面白いです。

 

 

 

 

メバル用の仕掛けであれば特に問題はありませんが、一つ気を付けたいところは、船釣り用の仕掛けと、陸釣り用の仕掛けがあるので、船釣り用を買わないように気を付けましょう。
 
また、釣れるチェックポイントとしては、目が良い魚なので細めの仕掛けで狙った方が釣れやすいと言う事もあります。細すぎてはバラシの原因になりますが、出来るだけ細い方が食いは良いです。

 

 

テトラや際を狙う為の、竿とリールのセットなども売っているので、この様なセットで始めるのも簡単に始めやすいです。
 
後はルアーを買うだけのようなセットです。
 
ただ、海釣り公園では、そのような場所は少ないかもしれないので、事前確認は必要です。

 
エサ
メバル狙いのエサは、ジャリメ、青イソメ、岩イソメ、身エサ、又はルアーなどですが、一番は生きたモエビです。

ワンポイント
メバルは、カサゴ科特有の鋭いトゲが、エラブタ、背ビレ、尻ビレにあるので、つかむ時は、タオルなどでつかむ様にして気を付けて下さい。

アワセは一呼吸おいてからの、遅アワセです。

夜釣りの時、海面に照明が直射している所には寄らずに、斜光線になってるところに集まる、変わった習性があります。

 

夜釣りで底近くを狙っていると、ゴンズイなどの毒ヒレのある魚が釣れる事もあるので、注意して下さい。

 

 

ゴンズイなどが釣れてしまった時は、メゴチバサミを使います。

ハリを外す時が一番刺されやすいので、 メゴチバサミで押さえるか、無理をせずにハリスごと切ってしまうのが、安全ではあります。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム

 

 

トップ | 海釣り公園ナビ