サビキ釣りの釣り方

サビキ釣りの釣り方

サビキ釣りの基本的な釣り方!

 

サビキ釣りは、ちょっとしたコツを知っておくと大漁が味わえます。

 

 

サビキ釣りは、たくさんのお魚が釣れてこそ面白い釣りになるので、基本的な釣り方をマスターしましょう。

 

スポンサードリンク

サビキ釣りの釣り方

サビキ釣りは大漁!

 

サビキ釣りは、仕掛けの上か下にコマセカゴをセットして釣ります。

 

コマセカゴに入っているコマセ(撒きエサ)が飛び出して、そこに群がってくるお魚が、間違ってハリが付いてるサビキの仕掛けに食い付いて釣れる釣りです。

 

10本ハリに10匹釣れる様な、沢山釣る事が出来る釣りです。

 

鈴なり

エサ入れ

サビキ釣りは、カゴの中にアミエビなどの撒き餌となるコマセを入れて釣るので、アミエビを入れますが、この時に満タンに入れるのではなく、8分目くらいにしてエサがバラけるようにします。

 

初心者ほど、たくさん撒いた方が良いと考えて満タンにしますが、実際には満タンにするとコマセの出は悪くなるので、バラけやすいようにしましょう。

 

エサ入れ

 

ちなみに、吸い込みバケツを使うと、このように手が汚れる事も、臭くなる事もありません。

 

⇒ サビキ釣りの吸い込みバケツの使い方

仕掛けを投入

エサを入れたら仕掛けをタナまで沈めますが、タナに着くまではコマセがバラけないように静かに投入します。

 

タナまで沈めたら、大きく竿をあおります。竿をあおる事で、コマセカゴに入っていたコマセが出て海中に広がります。

 

お魚さんは突然のご馳走に、我先にと群がって来て食べ始めます。そのコマセの中に、ハリの付いたサビキのエサが紛れているので、それを食べて釣れるという寸法です。

 

そこで、コツは少しでも長くコマセの帯びの中に仕掛けを入れておくことです。海は時間帯によって、上げ潮下げ潮があって、釣り場からみて、潮が右に流れたり左に流れたりします。

 

右から左に潮が流れているのであれば、仕掛けも右に入れて、少しずつ左にずらした方が、それだけ長くコマセの帯びと仕掛けが同調しているので、釣れる確率は高くなります。

 

仕掛け投入

タナとは?

タナとは、魚が食って来る泳層をタナと言います。食って来ると言いましたが、お魚にとって普段から泳いでる層が基本的にはタナになります。

 

このタナはお魚さんによって習性が違うので、いる泳層も違います。サビキ釣りの人気のお魚のアジとイワシを比べても、アジは底の方を泳いでいますし、イワシは表層を泳いでいます。

 

タナはシーズンやその日、又は時間帯、潮の流れなどでも変わります。

 

タナが解らない時は?

 

『タナで竿をあおって』と言われると、タナなんか解らない!と思うかも知れませんが、釣り場についてすぐは誰も解らないものです。

 

初心者から見て、ベテランの人はタナが解ってるように思いますが、実際には釣り始めてから、釣れるタナを探っているのです。

 

もちろん、お魚の習性やだいたいの釣れる層は解っているので、釣れる答えには早くたどり着くことはできます。

ベテランに聞こう

釣り場に着いて、すぐに道具を用意して早く釣りたい気持ちになるものですが、ここは我慢して釣り場を見てみましょう。

 

サビキ釣りも人気の釣りなので、たくさんの人が釣りを楽しんでいるものですが、その中で大漁の人をみつけましょう。

 

『こんにちは〜』と挨拶をすればたいていは仲良くなれるものです。そこで『釣れますか〜』と話しながら、どんな仕掛けで釣ってるのかを見ましょう。

 

仕掛けの色や仕掛けをどのくらいのタナで釣ってるのかは教えてもらいましょう。中には教えてくれない人もいるかも知れませんが、そこは横目でそっと!ね。

 

昔から、技は教わるものではなく盗むものや!と言われましたが、物を盗んではいけませんが、技は盗んで知るものです。釣りの世界もね。

 

ベテランがいない時は?

 

技を盗むような人がいない時は、始めは底の方で釣ってみましょう。底の方で釣って、釣れなかったら段々と上の方に狙うタナを変えてみましょう。

 

タナを変えながら釣って、釣れるタナを探す事も釣りの面白さです。

表層で釣れる時は?

かなり上の表層で食ってくるなら、コマセカゴにコマセを入れないで、直接シャクを使ってコマセを撒くのも効果的です。

 

アジやイワシなどの魚は、群れが回ってくると立て続けに釣れるので、その時にいかに効率よく釣るかで釣果に差が出ます。その時に、直接撒くほうが効率的なのです。

もっとたくさん釣る為に!

この時に、もっと沢山釣る為に、いくつかのポイントがあります。

 

アジにしてもイワシにしても、とても臆病な魚なので、仕掛けを投入する時や、コマセを直接投入する時に、大きな音がするようにポチャンと投入すると、折角寄って来ていた魚が皆逃げてしまいます。

 

魚が表層に寄ってる来てる時は、仕掛けはソッと投入するのが良いですし、コマセも塊でポチャンと投入するのではなく、パラパラと薄く投入するようにします。そして一回に撒く量は少なくして、撒く回数を多くするのがポイントです。

 

これは、驚かせない為と、寄って来た魚を出来るだけ留めておく為です。

 

また、群れの大きさにも寄りますが、魚に対して撒くエサが多すぎると、食べきれないエサを追って、ドンドンと自分の釣り場から離れてしまうので、一回で大量に撒くのではなく、少量を数多く撒くのが釣れてる時のポイントです。

 

釣れない時は、魚の群れが寄って来てない時です。この時は、焦らずに群れが回ってくるのを待つしかありません。回遊魚はその内回って来ます。

 

どうしても早く釣りたい時は、コマセを出来るだけ遠くに遠投して、段々と近くにコマセを撒くのです。つまり、遠くにいる魚の群れを、コマセを使って自分の釣り場まで連れて来るイメージです。

 

ただ、効果の程は50/50ですが、一つの手法としては効果はあります。

 

魚のいる層を”タナ”と言いますが、このタナはお魚さんによっても違いがあります。一般的に上層にサバやイワシが多く、下層にアジが多いので対象魚によって狙いを変えると良いでしょう。

 

また、自分は釣れないのに隣の人が釣れてる時は、何が釣れているのかを見て、タナを調整するなどすると釣果が伸びます。

 

もしくは、仕掛けのタイプや色などを釣れている人と同じにしてみるもの手です。

 

仕掛けは色々なタイプを持っておくとのも、釣果への道ですね。

 

⇒サビキ仕掛け

 

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム

 

 

トップ | 海釣り公園ナビ