サビキ釣りに使う道糸の選び方

サビキ釣りに使う道糸の選び方

サビキ釣りに使う道糸を選ぼう!

 

どのような道糸を使うの?いくらくらいの道糸?など、サビキ釣りに使うのに適した道糸はどんなの?

 

スポンサードリンク

安いので十分?

サビキ釣りに使う道糸を選びましょう。

 

サビキ釣りに使う道糸は、高価な道糸は必要はありません。安い道糸でも十分です。

 

では、安いと言ってもどんな道糸を選べば良いのでしょう?

 

おススメするのは、下記のようなボビン巻の道糸です。糸巻き量は500mや600mもあって、1000円以下のもたくさんあります。

 

500円くらいもあります。

 

 

リールの巻量が、150mでこのボビン巻が500mや600mである事を考えれば、かなりお得なのが解ると思います。

 

サビキ釣りにおいては、このボビン巻の道糸をおススメします。サビキ釣りは、釣る事において繊細なライン操作などは必要はありませんし、特別な強度を求める必要もありません。

 

そこで、おススメする理由としては、操作上の問題がなければ、道糸に特別な要素はいらないと言うことです。

 

道糸は、価格によって同じ号数であっても、強度は違ったり、伸びや、浮く道糸や沈む道糸、硬いタイプと柔らかいタイプなどと色々なタイプがあります。

 

通常は、釣り方に応じてこの道糸の機能の為に、高価な道糸を買ったりするものです。

 

しかし、サビキ釣りは高級な道糸を買って、このような機能を使わなくても釣れるから大丈夫ですよ!と言うことです。

道糸は消耗品?

そして、どんなに良い道糸を買っても道糸は消耗品という事を覚えておきましょう。

 

何回か釣行をすれば、道糸は交換しなければいけません。

 

この時に、例えば高い道糸は買ったから10回は使おうと考えるより、その分安い道糸を買って3回に1回道糸を交換した方が、断然強度は保たれます。

 

と、言うところで、サビキ釣りでは、ボビン巻の道糸で良いです。

ウキ釣りには適さない?

ただ、この道糸でウキ釣りもしようと思っているならば、あまりおススメはしません。

 

ウキ釣りは、繊細な釣りを要求される釣りです。

 

ウキ釣りにおいてはライン操作も大事な要素になります。この時に、ラインに張りもない道糸ではとても釣り難いからです。

 

なので、釣り方に応じて、道糸選びは重要です。

 

ただ、ウキサビキ釣りでは安い道糸のボビン巻で大丈夫です。

カラーは何色がいいの?

次に、カラーです。

 

上の画像のように、ボビン巻の道糸にもたくさんの色がありますのでどの色が良いのか迷うところです。

 

ここで一番おススメの色は、黄色か赤系です。

 

サビキ釣りは、ラインで当たりを取るわけでもないですし、百何mも仕掛けを流すわけでもないので、道糸の視認性はそんなに重要ではありません。

 

ただ、好みの問題ですが、やはり道糸は見えるほうが釣りやすいです。

 

そこで、見やすいのは黄色と赤系なので、この色が良いと思います。

太さはどれくらい?

最後は太さです。

 

道糸の太さは3号以下を選んでおけば良いと思います。

 

他の釣りにも応用したいな〜と思っているなら、2号から4号以内で選んでおけば良いでしょう。

 

例ですが、ウキ釣りにも使いたいなら、2号で、チョイ投げ釣りに使いたいなら、3号から4号といったところです。

 

ボビン巻の道糸は、そんなに高価なアイテムではないので、一個は買い置きしておくと良いでしょう。

 

道糸は、劣化します。なので、定期的に交換しないと、いざお魚が掛かった時に、切れてしまいますからね。

 

それでは本末転倒なので、ラインチェックは定期的におこないましょう。

ボビン巻はいくらくらい?

ボビン巻は基本的に安いです。

 

⇒楽天市場のボビン道糸!

 

⇒ヤフーSPのボビン道糸!

 

⇒アマゾンのボビン道糸!

 

この辺で探してもらうと色々と見つかると思います。

 

ちなみに私のおススメはここですけどね。

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム

 

 

トップ | 海釣り公園ナビ