サビキ釣りとは

サビキ釣りとは

サビキ釣りとはどんな釣り?

 

 

サビキ釣りは、子供から大人までや初心者からベテランまで、誰でも楽しめるとても魅力的な釣りです。

 

子供でも、たくさんのお魚を釣る事が出来るので、家族釣行にも最適な釣りです。

 

スポンサードリンク

サビキ釣りとはどんな釣りなの?

サビキ釣りは、”サビク”という動作の言葉が語源ですが、現在は下記のように沢山の擬餌バリが付いた仕掛けをサビキ仕掛けと言います。

 

この仕掛けを使った釣りをサビキ釣りと言います。

 

サビキ仕掛けで大漁!

水中でおどる擬餌バリは、シラスなどの小魚に見えたり、コマセと同じ小エビなどに見えるので、魚が飛び付いて釣れる釣りです。

 

魚が回遊してくれば、ほとんど入れ食いになり、一度に何尾も針掛かりして、大漁を楽しめる釣りになります。

安い市販仕掛けで簡単

仕掛けとしては、市販のサビキ仕掛けを用意します。

 

⇒サビキ!
icon

 

そして、このようなコマセカゴを仕掛けの下部にセットすれば出来上がりの簡単な仕掛けです。

 

 

防波堤の釣りとしては花形の釣りで、簡単ながら良く釣れます。

 

時には回遊魚が回ってくればクーラーボックスに入り切らないくらい釣れるのが魅力です。

対象魚は?

狙いの対象魚となるのが、マアジ・マイワシ・ウルメイワシ・サバ・シマアジ・タカベなどです。

 

場所によってはカワハギ・ボラ・フグ・ベラ・ムツなども釣れます。

 

この他にも多くの魚種が釣れますが、やはり釣り易いのは、背の青い群泳する回遊魚になります。

サビキ釣りに使うエサは?

エサは冷凍のアミエビか加工のアミエビを使います。

 

冷凍の方が安いのがメリットです。

 

 

安値チェック

 

楽天市場のアミエビ

 

⇒ヤフーSPのアミエビ!

 

安値チェックとは言え、価格を見ると解りますがもともとがそんなに高いものではありません。

 

冷凍アミエビの使い方には注意!

 

冷凍のアミエビの場合、使う前に解凍をしなければいけません。

 

なので、釣り場の近くで買うと解凍まで時間が掛かります。この間は釣りができないので解凍時間を見計らって、事前に購入しておいた方が良いです。

 

前もって買っておいて、前日の夜に冷蔵庫から出しておくくらいで丁度良くなります。

 

ただ、解凍してしまったら使い切らないといけません。

 

冷凍のメリットとデメリットとしては、安いのがメリットで解凍してしまったら使い切らないといけないのがデメリットです。

 

加工アミエビ

 

加工のアミエビのメリットは、集魚効果が高い配合になっているので、より魚を寄せやすい事が事がひとつ。

 

⇒ハイパワーアミエビ
icon

 

常温で保存ができて、いつでも使えるも嬉しいところでとっても便利です。

 

更に、切り口が工夫がされているので、手が汚れずにコマセカゴにコマセを入れられるのもメリットです。

 

集魚効果は高いので、お魚を集める集魚効果が高いのはメリットですが、反対のデメリットとしては?

 

デメリットは、量の割に少し割高な点です。

 

使い分け方法は?

 

サビキ釣りでコマセ(アミエビ)がなくなっては釣れません。なので、常にエサは多めに持っていた方が良いですが、冷凍では無駄になる事もあります。

 

そこで、冷凍のアミエビを購入しておいて、加工のアミエビはあくまで予備用として持っておくことが良いです。

 

使い方としては、冷凍アミエビを先に購入しておいて、釣行日の前日の夜から外に出しておきます。

 

寝る前に冷凍庫から出しておけば良いでしょう。

 

だいたいは早朝から釣りに行くと思うので、釣り場に着いたら多少塊があるくらいに溶けているのがベストです。

 

加工アミエビは、予備に持っておきエサがなくなったら使います。

 

エサが無いと釣れなくなるので、折角釣れ始めた時にエサがなくなったら悲し過ぎますからね。

 

エサは余るくらいが丁度良いです。

サビキ釣りに出かけましょう

サビキ釣りは、初心者にはとても人気のある釣りなので、初心者セットなども多数販売されています。

 

サビキセットと仕掛けを2,3つ買い足して、エサを用意すればすぐに釣りを楽しめる釣りになります。

 

これから釣りを始めようと考えてる人には最適な釣りです。

 

⇒サビキ釣りセット

 

⇒サビキ仕掛け

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム

 

 

トップ | 海釣り公園ナビ