カレイ釣りを観る

カレイ

カレイは、たい体形の面白いやつ!です。

 

釣りの対象としては大人気で、投げ釣りではシロギスと人気を2分するお魚です。

 

カレイの煮付は最高の美味しさです。カレイ釣りの動画を見てみましょう。

 

スポンサードリンク

カレイとは?

カレイは種類が多くて、マガレイ、イシガレイ、ムシガレイ、タカノハガレイなどがいますが、海釣り公園や防波堤釣りの対象になるのはマコガレイやイシガレイです。

 

体形は平たく、両目は色の付いた上面の右側にあり、白い面を下に付けています。マコガレイは口が小さく、茶褐色の地肌に濃い斑紋があります。

 

イシガレイは口がやや大きく、緑がかった褐色の背に、リン板と呼ばれる石状の突起物があります。どちらも砂泥底に棲んでいます。

 

カレイ

 

投げ釣り氏にはとても人気のある対象魚なので、カレイの専門誌もあるくらいです。

 

習性
マコガレイは水深50mぐらいまで、イシガレイは30mくらいまでの沿岸に棲んで、小魚や貝、イソメ類を食べています。

 

上げ潮に乗って夜明けとともに活動して、砂泥地のヨブや船道のカケアガリでエサを獲るので、釣り氏としてはここがポイントにはなります。

 

満潮前後には、防波堤周りの捨て石きわや、岸壁近くのゴロタ石まわりでエサを食うこともあります。

 

単独で行動する事は少ないので、一匹釣れた場所は重点的に攻めるのが良いです。

 

釣り期
晩秋から冬にかけて、産卵のために岸近くに寄ってきます。潮通しの良いポイントで、満潮近くの上げ潮時が良く釣れます。

 

産卵は、全部の魚が一回にするのではないので、産卵前後の荒食いは比較的長く続きます。

 

本格的なシーズンは1月ごろからで、3月中には産卵を終えて徐々に深場に移動していきます。

カレイ釣りの動画

 

 

スポンサードリンク

 

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム

 

 

トップ | 海釣り公園ナビ