ウミタナゴ釣りを楽しもう

ウミタナゴ

ウミタナゴは、ウキ釣りで楽しめて、釣りやすい魚なので、ウキ釣り入門魚として最適なお魚さんです。

 

釣りものが少ない冬場に良く釣れるので、一年中楽しませてくれます。

 

釣り難い魚ではないので、比較的簡単に釣れますし、ヒットしてからも小気味良い引き味が楽しめるので、釣っていて面白い魚です。

 

スポンサードリンク

ウミタナゴを釣ろう

早春の海釣り公園や防波堤で良く釣れるので、釣り物の少ない冬場の人気の魚です。普通は、10〜15cmくらいが多いですが、中には20cmオーバーが釣れたりするので、引き味は十分に楽しめます。

 

ウミタナゴの釣れるシーズン
ウミタナゴのベストシーズンは、11月から5月くらいの比較的寒い時期です。ただ、6月から10月くらいも比較的コンスタントに釣れるので、一年中釣れる対象魚になります。
8月9月の夏場は良くないシーズンになります。

 

ウミタナゴの良く釣れるポイント
ウミタナゴのポイントは、ハエ根やカクレ根などの海底に変化がある所と、船揚場のカケアガリや防波堤の壁などは、好物の貝類の餌場になるので、見逃せないポイントになります。

 

ウミタナゴ釣りの釣り方
海釣り公園でのウミタナゴの釣り方は、ウキ釣りが面白い釣り方です。

 

この釣りは何といってもコマセ(寄せエサ)の使い方が釣果を大きく左右します。アミエビの他にも濁りを好むので、配合エサも混ぜると効果的です。

 

そしてポイントを決めたら、寄せエサを撒いて仕掛けを潮上に静かに振り込みます。タナが決まるまでは、エサが20cmくらい底を切るようにアタリを待ちます。

 

食いの悪い時は、竿先で少しずつエサを動かして、誘うようにし魚に食い気を起こさせるようにします。

 

アタリは、1回2回前ぶれのアタリがあって、次に持ち込む強いアタリがあるので、早アワセをしないようにします。

 

ウミタナゴ釣りのエサ
ウミタナゴのエサは、イソメ類ではジャリメが一番です。青イソメやゴカイでも良いですが、エサもちの点でもジャリメが一歩リードのエサです。
オキアミや小エビなどは、濁りに強いエサとされて、荒れてる時などは効果があります。

 

ウミタナゴの美味しい食べ方
素焼きにしてから煮付けにするのが一般的です。塩焼きにしても良いです。軽い淡白な味のウミタナゴなので、それを補う為に油で揚げた南蛮漬けにすると美味しく食べられます。酒蒸しや塩焼きでも美味しいです。

 

まずは鮮度を保って持って帰る事が大事なので、ウミタナゴは氷締めにして持ち帰りましょう。

 

ワンポイント
ウミタナゴ釣りで好釣果を得ようとすれば、コマセは欠かせないものです。コマセは大量に撒くのではなく、少量を絶え間なく続けるのがポイントです。

 

また、効率よく釣るならノベ竿で、ポイントを探しながら釣る方法も良いです。尚且つ、朝夕のマズメで、満潮を狙うと大型釣りも楽しめます。装備は軽めにして、移動できるようにして、探って歩き回る釣りにすると釣果も期待できます。

 

道具類

ウミタナゴを釣る道具類としては、竿とリールは別にして右の様な”ウミタナゴ用”の仕掛けが市販されています。
 
針からラインにウキまでセットになっているので、後はエサを用意すれば良いだけのセットなので、とても楽に始められます。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム

 

 

トップ | 海釣り公園ナビ