ウキ釣りの釣り方

ウキ釣りの釣り方

ウキの釣り方を案内します。

 

ウキ釣りはお魚が食った瞬間に、ウキがスッと入っていきそのタイミングで合わせを入れて釣るような面白さが体感できる釣りです。

 

ぜひ、ウキ釣りの基本的な釣り方を知ったらやってみましょう。

 

スポンサードリンク

ウキ釣りはコマセを使う釣りです

ウキ釣りは、コマセという撒きエサを使って釣る釣りです。

 

基本は、ヒシャクを使ってコマセを撒いて、その中に仕掛けを同調させるように流して釣ります。

 

釣り方は、コマセの寄せエサを潮上に撒いて、そこに仕掛けも入れてコマセと仕掛けを同調させながら流すのが基本です。

 

ウキ釣りのポイントは、藻場や隠れ根などの海底に変化がある所が目安になります。

 

又は潮通しの良いところが条件になります。

 

まずはどんな釣りなのかを動画を見てみましょう。

 

タナを見極めます

ウキ釣りは深場から浅場まで狙える釣法ではあります.

 

だからこそ大事なのがお魚がいるであろうタナをしっかりととる事です。

 

お魚がいないタナにいつまでもエサを留めておいても釣れないのは明らかです。

 

なのでお魚のいるタナを見極めるのが釣果に直結します。

 

しかしいきなりタナが解る訳ではないので、こまめにタナを調整しながら釣る事になります。

 

お魚によって大体のタナの目安はあっても、場所や水温によって食ってくるタナが変わって来るので、段々とウキ下を深くしたり、オモリを重くするなどでタナ調整します。

大事な事は同調させる事

大事なのは、食ってくるタナでコマセと仕掛けを同調させる事です。

 

コマセの沈む速さに対して、ハリもオモリも付いてる仕掛けの方が当然早く沈みます。

 

そこでコマセをより潮上に投入して、仕掛けはその潮下に入れるなど工夫すると、釣果に繋がります。

 

ウキ釣りの最高に楽しい瞬間は、魚が食った時にウキにアタリが出て、目に見えて変化が解る事です。

 

ウキが海中に消し込んだら手首を返すようにアワセます。

 

ヒットしたら慌てずに魚を寄せましょう。

 

初心者はウキフカセ釣りの仕掛けをいきなり作るのは難しいかも知れません。

 

そんな時はウキ釣りようの市販仕掛けから初めてみましょう。

 


 

こんな仕掛けが初心者には使いやすいのでおススメです。

 

スポンサードリンク

 

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム

 

 

トップ | 海釣り公園ナビ