アジのウキ釣りのコツとは?

ウキ釣りで狙うアジ

ウキでアジを釣ると、サイズアップを狙えます。

 

どのようにウキで釣るのかを簡単に案内します。ちょっとしたコツを知っていると釣れるようになります。

 

スポンサードリンク

使うタックル

初心者の人は、市販のウキ釣り仕掛けセットがあるので、この仕掛けを使うと良いです。

 

 

4,8〜5,4mくらいの渓流ザオに玉ウキや棒ウキを使った簡単な仕掛けです。波が穏やかな時は、棒ウキの仕掛けがアタリをとり易くオススメです。

 

アジは目の良い魚なので、道糸は1号から1.5号くらい、ハリスは0.8号くらいの細めで釣ります。

 

ハリは袖型の3〜7号程度を釣れる魚のサイズに合わせて使い分けます。

ウキ釣りのコツ

サビキで数を釣るのも面白いですが、ウキ釣りで一匹ずつ釣るのも面白いものです。サイズもサビキ釣りに比べて大きくなって、中アジの20cmから25cmが狙えます。

 

サビキ釣りで、食いが渋い時なども有効な釣り方です。

 

釣り方としては、コマセを使ったウキ釣りで、サビキ釣り同様、潮通しの良い海釣り公園の先端付近を釣り座にします。

 

コマセは、一回に大量に撒くのではなく、少量を切らさずに撒くのがコツです。

 

コマセを撒き始めると、アジの子供やイワシが水面に浮かんできますが、その群れの層から最低2m以上ウキ下をとって、潮上から仕掛けを投入します。

 

小魚がたくさんいる場所に直接仕掛けを入れると、小魚にエサを盗られて狙いの中アジまでエサが届かなくなります。

 

ウキが群れの下に来た時に、ちょうど仕掛けが馴染むぐらいに潮上に投入するようにします。

 

エサはオキアミや青イソメなどを使います。

 

アタリは、水面に馴染んだウキが消し込まれる事が多いです。軽く合わせてハリ掛かりしたら、すぐに群れから引き離しましょう。

 

もたもたしていたら、場荒れして釣れなくなってしまいます。

 

また、アジは口が弱いお魚なので、強いやり取りは厳禁です。優しく、そしてシャープなやり取りを心がけます。

ワンポイント

ウキ釣りの中でも、固定式の簡単な仕掛けです。操作も簡単なので手返しが早くなって、中型のアジを数を釣る事もできます。

 

ただ、リールを付けていないノベ竿になるので、魚が食って来るポントが遠かったら狙えないので、そこは要注意です。

 

慣れてきたら、配合エサも混ぜると更に効果的です。

 

固さを調整することで、バラケ具合も調整出来たり、何より集魚効果が高いので良く釣れます。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム

 

 

トップ | 海釣り公園ナビ