投げ竿(ロッド)の選び方

投げ竿の選び方のご案内です。遠投性を求められる投げ竿ですが、
自分の体力に合っていない竿を選ぶと使い難いものです。

 

軟調と硬調、初心者はどちらから?

 

投げ釣り ロッド

投げ竿

軟調か硬調について

 

 

竿は軟調と硬調(超硬調も含む)とに大きく分ける事ができます。

 

このどちらを選ぶかですが、
それぞれの特徴からメリットとデメリットを確認しましょう。

 

飛距離

飛距離だけを考えると硬めの方に分があります。

 

ポイントが遠くなるほどお魚の食い込みは良くなるので、
竿の硬さはあまり関係なくなります。

 

ただ、大型のキスなどが近くで釣れる時は、
硬めの竿だとアタリがあっても外れる事が多くなったりします。

 

それに硬調の竿で飛距離を伸ばすには体力が必要です。特に瞬発力!

 

なのでキャスティングの練習も常に行なうような努力も必要になります。

 

軟調の竿のメリットとデメリットとしては、
軟調の竿であってもそれなりに良い竿であれば100mくらいは少しの練習ですぐに投げられるようになります。

 

また、近距離でも軟らかいのでお魚の掛かりも良いと言えます。

 

ただ、100mまでは比較的楽に投げる事が出来ても、
その先の130m150mとなって行くと硬調より難しいです。

 

しかし、軟調を使いこなせるテクニックが付けば硬調に代えても適応しやすいですが、
その逆の硬調から軟調は少し時間が掛かると言われます。

 

結論は、体力に自信のある人も軟調から始めて、
慣れてきたら硬調、更に超硬調としていくのが良いでしょう。

 

軟調と硬調の選び方

軟調と硬調の基準はメーカーによって違いがあります。

 

そこで選ぶ目安とするのは、オモリの負荷の号数を目安にするのが良いです。

 

25号以下を軟調、30号以上を硬調と考えれば良いでしょう。

 

長さ

長さの基準は4m前後が一般的です。

 

ただ長さを選ぶ時に大切な事は、振り切れるかどうかです。

 

体力にあまり自信がなければ4mから少し短めにしておくのが良いです。

 

価格

置き竿で大型狙う時には比較的安価の竿でも良いですが、
キスの数釣りのようにずっと手で持って釣るような釣りは、
多少高価であっても軽い竿がオススメです。

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム

 

 

トップ | 投げ釣りの仕掛けと釣り方