トリック仕掛けの釣り方

トリック仕掛けは基本的にはサビキ釣りの釣り方と同じなので簡単です。

 

ただ、エサは付けるのでトリック仕掛けのエサの付け方は確認しましょう。

 

トリック仕掛け 釣り方

トリック仕掛けへのエサの付け方

トリック仕掛けは針にエサを付けますが、その付け方は・・・

 

スピードエサ付き器の中にアミエビを入れます。

 

スピードエサ付き器を見れば解りますが、
上下に溝がありますが、ここに仕掛けを通す事によってエサを付けます。

 

 

片手で竿を持って、もう一方の片手で仕掛けの先端を持ちます。

 

仕掛けをピンと張った状態で、スピードエサ付き器の上から下に、
下から上にと仕掛けを上下に動かすとすべての針にエサが付きます。

 

エサは簡単に付いてるだけなので、仕掛けはゆっくりと海中に入れていきます。

 

ポイントまで仕掛けを降ろしたら、ゆっくりと仕掛けを上下にすると、
コマセカゴのコマセが拡散し、
それに寄って来たお魚さんが釣れる釣りになります。

 

サビキ釣りの方が、擬似エサが付いているので、
釣り方としては簡単ですが、サビキ仕掛けにお魚の反応が良くないときに、
トリック仕掛けは効果は抜群です。

 

サビキ釣りの時には、トリック仕掛けも用意しておくと沢山の釣果に恵まれますよ。

仕掛けの投入

ハリにエサは簡単についているだけなので、
仕掛けの投入はゆっくりとおこないます。

 

仕掛けを投入したらゆっくりと海底まで下ろしていきます。

 

着底したら少し巻き上げて、それからゆっくりと大きく竿を上下に揺らします。

 

コマセカゴの中のコマセがばらけるイメージです。

 

そのばらけたコマセの中に針の付いたエサがあるように操作します。

 

つまり、コマセカゴが下に付いた仕掛けなら、少し上で竿を大きく振って、
ゆっくりと仕掛けを下げるイメージで、上カゴなら竿を振ってから少し巻き上げるイメージです。

トリック仕掛け

色々なトリック仕掛け

 

 

 

 

 

 

一応色々なタイプがありますが、
トリック仕掛けはサイズ違いをいくつか準備しておけば大丈夫です。

 

タイプの違いを気にするより、
サイズを気にして準備しておきましょう。

 

 

トップ | トリック仕掛けの仕掛けと釣り方