サビキ釣りの竿の選び方

サビキ釣りに使う竿はどんな竿が良いの?価格はいくらくらいの?どんな竿?長さは?硬さは?などから、
ちょっと良いサビキ釣りに使える竿を選びたい人は参考に!

 

サビキ竿

サビキ釣りに使う竿は、安いものは千円台からで、
高い竿は1万円以上もする竿があります。

 

何が違うの?と思いますね。
この辺を説明しましょう。

 

ここでは、ちょっと高めの竿について説明します。

 

とってもお手軽な安い竿はサビキ釣りは竿とリールのセットがお得?で説明していますので参考に!

 

サビキ釣りに使う竿は、サビキ用の竿や磯竿、万能竿などを使います。

 

基本的なおススメは竿の胴はある程度しっかりしていて、
竿先は軟調の柔らかめが良いです。

 

サビキ釣りのメインとなる対象魚は、
アジやイワシなので硬い竿では根本的に食いが良くありません。

 

やはり柔らかい方が食い込みは良いです。

 

また、お魚が食ってからもアジなどは口が弱いので、
硬い竿ではバラシも多くなります。

 

軟調の竿では、
お魚の引きを竿の弾力でカバーしてくれるので釣りやすくもなります。

 

では、柔らかければ良いのかと言うと、
全体が柔らかいと釣るときに仕掛けが動かずに竿だけが動いてしまします。

 

その為に、胴はしかっりしていて、竿先は柔らかめが釣りやすいです。

 

スポンサードリンク

竿の硬さ?

竿の硬さで言えば2号くらいが良いです。

 

ウキサビキやカゴ釣りにも使いたいのであれば、
もう少し硬めの竿で3号くらいまでで選べば良いでしょう。

竿の長さ?

次に、竿の長さです。

 

大人の男性が使うのであれば、
4m以上ある長めでも良いと思います。

 

単純に長い方が釣りやすいからです。

 

サビキの仕掛けより、
竿が短いと釣り難くてイヤになります。

 

イメージしてもらえば解りますが、竿を最大に立てても仕掛けが長くて、
仕掛けの先端が上がってこなければ、毎回手で仕掛けを回収しなければいけないのです。

 

なんとも釣り難いです。

 

仕掛けの回収だけなら、
4mもなくても良いとも言えます。

 

ただ、釣れない時などは、裏ワザ的にタイプの違う仕掛けをダブルで付けて、
上下に広い範囲を一遍に探って、尚且つタイプ違いの仕掛けでどちらに喰って来るか!
のような釣りをする時もあります。

 

仕掛けをダブルにするので、仕掛けもだいぶ長くなります。

 

この時に、短い竿ではダブルにしようとさえ思いません。

 

竿が短い事で、釣りの面白さを半減させてしまう事もあると言うことです。

 

では、長い方がいいじゃん!とも思いますね。
ただ、竿が長いとそれだけ重くなります。

 

竿の重さだけでなく、長い竿を横にして持つので、
持ち重りを感じてしまうのです。

 

なので、大人の男性なら問題はないと思いますが、
女性や子供なら短い竿が良くなります。

 

女性や子供なら3m前後で選ぶと良いでしょう。

 

これも、良い竿ならとても軽くなります。根本的に素材が違うので、
持ち重りはかなり違ってきますね。

中通しと外ガイド?

次は、中通しと外ガイドの違いです。

 

どちらが良いの?と言えば、断然中通し竿です。

 

この中通し竿は、道糸が竿の中を通ります。
つまりガイドがありません。

 

釣っていてガイドに糸が絡まる事は多々あるものです。

 

しかし、この中通しはその絡まるガイドがないので、
とても釣りやすいのです。

 

しかし、外ガイドの竿は3千円程度からありますが、
中通しは1万円前後くらいします。単純に高いです。

 

サビキ釣りだけに使うのであれば、外ガイドで良いと思います。

 

サビキ釣り以外にも、ウキ釣りもしたいと思うなら、断然中通しです。

 

2号の中通しの磯竿を選んでおけば、
サビキ釣りもウキ釣りも十分に楽しむ事が出来ますからね。

 

サビキ釣りに使う竿選びのポイントは、
この当たりを考えて選んでおくと良いでしょう。

 

 

ここで比較するとベストな竿が見つかりますよ。

 

 

この竿などは、中通しでマルチに使える竿です。
 
2号の4.2mで1万円を切るくらいです。この当たりの竿は、先に案内しました竿と言えます。

 

ただ、サビキ釣りだけに使うのであれば、少しもったいないとも思えるので、その時にはサビキ竿や万能竿で選ぶのが良いでしょう。

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム

 

 

トップ | サビキ釣りの仕掛けと釣り方