サビキ釣りに使うリールの選び方

サビキ釣りに使うリールはどんなのを選べば良いのか?
どのようなタイプのリールか?価格はいくらくらい?大きさは?などについて説明しましょう。

 

サビキ リール

サビキ釣りに使うリールはどんなの?

 

サビキ釣りに使うリールは、スピニングリールと言うタイプのリールを使います。

 

特別なリールではなく、もっともポピュラーなリールです。

 

ただ、このスピニングタイプは、このタイプの中にも、投げ釣り用であったり、
磯釣りに使うレバーブレーキタイプなどの種類があります。

 

サビキ釣りに使うリールは、この中でもシンプルなスピニングリールでOKです。

 

特別なリールは必要ありません。

 

まずは、選ぶタイプはスピニングリールと覚えておきましょう。

 

スポンサードリンク

リールの大きさ選び?

次に、リールの大きさです。リールは”番”でリールの大きさを表します。

 

この数字が大きくなるほど、リールも大きくなっていきます。

 

リールが大きくなると言うことは、道糸を巻ける量も多くなります。

 

リールを選ぶ時の基準は、だいたいこのリールの巻く量で表したりします。

 

例えば、3号の道糸が150m巻ける大きさのリール!
などと言います。

 

なので、ここでもそのように紹介すると、
3号前後の道糸が150mも巻けるスピニングリールです。

 

釣具の2大メーカーで紹介すると、
シマノなら3000番でダイワなら2500番くらいです。

 

全部ではないですが、このようにメーカーによって、
同じ○○番でも巻糸量は違うので、必ず巻糸量で確認をすると良いです。

価格帯はいくらくらい?

最後は価格です。

 

サビキ釣りに高価なリールは必要ないと思います。
リールの機能としての能力を、そんなに求める釣りではないからです。

 

最低限、糸がスムースに出て、スムースに巻き上げられれば、
機能としては十分とも言えます。

 

サビキ釣りに対しては、安価なリールで良いです。

 

ただ、サビキ釣りを楽しむ事自体には、安価なリールでも良いです。

 

しかし、安物買いの銭失いにならないように、最低限の選ぶポイントを紹介しておきます。

リールを選ぶポイント?

前提としては、サビキ釣りには高価なリールは必要ないです。

 

これは前提としてはあるのですが、リール!と言う釣具を説明する時には、
安すぎるリールには注意してね!の内容を案内をしておきます。

 

リールとは、釣り具の中で、唯一の精密機械になります。

 

そこで、各メーカーとも、海水はもちろん、
水分がリール内に入らないように色々な工夫がされています。

 

リールの内部に海水など入ったら、すぐに壊れてしまうからです。

 

このような部分で、安価なリールとそうでないリールには、
性能以外にも違いがあると言うことです。

選びのまとめ

つまり、精密機械であるリールを海で使うので、
単純に安いものでは壊れやすいですよ。と言うことです。

 

そこで、サビキ釣りに使うリールを選ぶときは、
スピニングリールで大きさは2500番から3000番。

 

そしてあなたの本気度に合わせた価格帯で、リールを選ぶと言うことです。

 

これから遊びで何回かサビキ釣りを楽しみたいだけなら、
1000円程度のリールで良いです。

 

少ししか使わないつもりなのに、
高価なリールは買う必要がありません。

 

ただし、この手のリールは、錆びやすくて壊れやすいので、
この辺の事は承知して購入しましょう。

 

趣味として、これから長きに渡って釣りを楽しみたいと思っている人は、
最低5000円以上のリールから選んでおくと長く使えるし性能的にも満足しながら使えます。

 

 

趣味として長く楽しんでいこう!と考えてる人が、
安いリールを買ってしまうのは最悪です。

 

すぐに壊れたり錆びたりするので、
また買い直さなければいけなくなります。

 

その時に、初めから満足するリールを買っておけば良かった!とだいたいの人は後悔します。

 

私も始めのころは失敗したなと思ったものでした。
安物買いの銭失いの典型ですね。

 

釣りを長く楽しみたいなら、リールは安物ではなく、
初めからしっかりしたものを選んでおくと良いでしょう。

 

2500番から3000番のリールならば、サビキ釣りだけでなく、
ウキ釣りも楽しむ事ができるので、価格に見合った価値ある釣具だと思います。

お手入れ方法は?

リールのお手入れ

 

どんなに高価なリールを選んだとしても、釣りの後に何の手入れもしなければ、
遅かれ早かれ錆で動きが悪くなったり壊れたりします。

 

そこで、釣行後は必ずメンテナンスをして、
長い事相棒のリールを使ってあげましょう。

 

基本の基本は、リール本体は絶対に濡らさない事です。

 

多くの釣具は、家に帰ったら一緒にお風呂に入ってしまうのが、
手っ取り早くてキレイになって良いのですがリールはダメです。

 

釣りが終わったら、その場で真水ですすいだ雑巾を硬く絞って拭くのが第一です。

 

自宅から、おしぼりなどを持っていくのも一つの手です。

 

サビキ釣りはコマセを撒くので、
このコマセがリールに付いたままは最悪です。

 

必ず釣行後はふき取りましょう。

 

家に帰ってきたらスプールを外して、
スプールだけは水道の流水で流します。スプールとは、道糸が巻いてある部分です。

 

スプールの上部のボタンを押しながら、上に引けばスプールだけ外れます。

 

道糸も、海水が付いているので、
流水で流しておくと少しでも長く使えます。

 

流水で流したら、道糸の先端を3〜5mくらいは切ってしまいます。

 

必ず痛んでいるので、釣行後はこのように切ってしまいます。

 

次に、硬く絞った雑巾で良く拭いて、
道糸を5m位出して半日も乾かしておけばOKです。

 

釣行後に、少しの手間を掛けてあげると、相棒の釣具はとても長く使えます。

 

サビキ釣りを楽しむために、あなたの相棒になるリールを選んでみましょう。

 

2500番から3000番のリールを選んでおくと良いでしょう。

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム

 

 

トップ | サビキ釣りの仕掛けと釣り方