サビキ釣りに使うエサの選び方

サビキ釣りに使うエサを選ぼう!

 

サビキ釣りに使うエサは、付けエサとしてではなくコマセとして使うエサです。

 

サビキ エサ

コマセを選ぼう!

まずコマセとは撒餌さの事です。

 

撒餌さをしてそこに群がってくるお魚を釣る釣りなので、
撒餌さの事をコマセと言います。

 

そのコマセにするエサはアミエビと言います。

 

このアミエビは、冷凍で1kgくらいで売っています。

 

冷凍なので釣り場までの道中で買うなり、
釣り場近くの釣具屋さんで買うことになります。

 

 

上のが冷凍アミエビで、これで300円とちょっとです。

 

ネットだと送料が掛からないように買い物すればお店で買うよりも少し安いですが、
冷凍アミエビは釣具屋さんで買えば良いです。

 

冷凍のアミエビがサビキ釣りに使うコマセとしては、最も一般的に使われる撒き餌です。

 

基本的には、この冷凍のアミエビ1kgくらいで半日くらい遊べる程度です。

 

ただ、お魚がたくさん釣れるようだと、撒く量が増えるのでもっと早くなくなります。

 

そこで予備としてこのようなアミエビもあります。

 

 

冷凍では、解凍をしなければいけなので、こちらのエサを好む人もいます。

 

これはどちらが良いと言うのはないのでどちらでも良いです。
ただ冷凍の方がお得なのでこちらがおススメではあります。

加工アミエビ

他にも、このようなエサがあります。

 

 

このエサは常温で可能なのがひとつのメリットです。

 

冷凍エサは、一度解凍してしまうと使わなければいけません。

 

もう一度冷凍してもすぐに変色をしてしまうので再冷凍では使えません。

 

釣り場について海が荒れていて釣りを断念したら、
エサが無駄になってしまうので、その様な時にこのエサは便利なエサと言えます。

 

もう一つメリットがあるのは、このエサには集魚効果が高いのが配合されていることです。

 

なので、冷凍アミエビよりも、集魚効果が高く結果釣りやすいと言うことです。

冷凍と加工の使い分け

冷凍のアミエビと加工のアミエビとどちらが良いの?

 

私が釣りに行くときは、冷凍のアミエビ1kgにこのハイパーアミエビを1つ持っていきます。

 

冷凍のアミエビを多く持って行って無駄にするのもイヤですし、
せっかく釣れ始めた時に、コマセが無くなって釣りを断念しなければいけなくなったらもっとイヤです。

 

なので、まずは冷凍のアミエビを使っていて、ハイパーアミエビは状況によって使うようにしています。

 

この釣りは、エサの切れ目がお魚との縁の切れ目なので、コマセは余分にあるくらいが丁度良いです。

おススメのメニュー

一日の釣行におススメのエサのメニューは?

 

先の冷凍アミエビ1kgとハイパーアミエビ1個、後は下記の配合エサです。

 

 

このセットで釣行です。

 

冷凍アミエビとこの配合エサを混ぜてしまいます。

 

これで釣りをしていて、状況によってハイパーアミエビを混ぜて釣るパターンです。

 

これで一日楽しめます。

 

 

ここでエサを用意したら、さっそく釣りに出かけましょう!

 

楽しい釣りの始まりですね。

 

参考になる動画があります。

 

 

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム

 

 

トップ | サビキ釣りの仕掛けと釣り方