ウキサビキ釣りの釣り具

ウキサビキ釣りは基本的には普通のサビキ釣りと同じ道具です。

 

それにウキが必要というくらいです。

 

ウキサビキ釣りも初心者からベテランまで楽しめる釣り方なので、
初心者が楽しめるセットで売られていますが、必要な釣り具、道具を見ていきましょう。

 

ウキサビキ釣り

どんなものが必要なのかが解る動画があります。

 

参考に。

 

 

仕掛けのメインとなる竿とリールはセットで2千円くらいからあります。

 

ただ、安いものは長持ちはしないので、長く釣りを楽しみたいなら竿で1万円くらいのものは欲しいところです。

 

自分の釣りのスタイルに合わせて選びましょう。

 

スポンサードリンク

基本は同じ?

ウキサビキ釣りは、基本的には通常のサビキ釣りと同じですが、
手前で釣れない時に、沖を狙う為にウキを付けて狙う釣り方です。

 

なので竿はノベ竿は使いません。

 

リール竿を使うのが必須であることと、ウキを使う事、
そしてカゴもウキサビキに使える上カゴを使います。

竿選び

ウキを付けて沖目も狙ったりするので、
3〜4.5mくらいの万能竿やサビキ竿などが使いです。

 

ただ小さな子供が使う時には長いと使い難いです。

 

長いと重くて釣り難いので短い3mくらいが良いです。

 

リール

リールはスピニングリールを使いますが、ウキサビキ釣りでは、
それほど遠投する訳ではないので、小型のスピニングリールでも十分です。

 

 

竿とリールのセットであれば必要はありませんが、
一応リールの種類としては上のようなスピニングリールになります。

竿とリールセット

竿とリールなどは、釣り具の中核なので、
本来は自分の好みで揃えた方が良いです。

 

ただ、サビキ釣りの良いところは、余りお金を掛けずに、
手軽に楽しめるところなので、竿とリール、仕掛けもセットになっているもので始めれば簡単です。

 

 

これは3500円くらいのお手軽なものです。

 

こちらは9000円弱しますがシマノの良いセットです。

 

他にもサビキ釣りセットはたくさんあるので安いものも高いものもあります。

 

竿とリール、そして仕掛けもセットになってるものもあるので、
手軽に始めたいならセットが良いでしょう。

仕掛けと小物類

サビキ仕掛け
サビキ仕掛けは消耗品ですし、日によってヒットしてくる色やタイプなども違うので、
仕掛けは余分に準備した方が良いでしょう。

 

仕掛けが無くなって、帰る事になったら寂しいですし、
腐るものではないので、多目の方が安心です。

 

通常のサビキ仕掛けにウキ、カゴ、オモリを自分でセットする方法と、
ウキサビキ仕掛けとして、初めから全部セットになっている仕掛けもあります。

 

初心者の人はセットが便利でお手軽です。

 

 

サビキ釣りセット かんたんサビキセット

 

ウキサビキ用のセットを一個買って、後はサビキ仕掛けだけ買うのが、
初めての人にとっては、良い買い方です。

 

仕掛けの作り方も、セットになってるものを見れば解るので、
仕掛けが絡んでダメになっても、ウキやカゴなどは使えるので、
サビキ仕掛けを替えるだけで大丈夫です。

その他の道具

ウキ仕掛けにする事で、必要になるのが、ウキ・ウキ止め・シモリ玉・カラマン棒・ラインスイベルです。

 

  遠投サビキ用のウキを使用します。
 

ウキ止めを付けないと、ウキが止まる場所がないので、ウキを止める為に付けるものです。
仕掛けをセットする前に、道糸にセットしておきます。

 

ウキ止めとウキの間に入れるもので、ウキ止めだけでは小さくてすり抜けてしまいます。
その為に、シモリ玉がウキ止めで止まり、ウキも止まる為に付けるものです。
これも仕掛けをセットする前に、道糸に通しておきます。

  名前の通り仕掛けが絡まない為に使いますが、ウキの下(仕掛け側)に付けて、

ウキが下まで落ちないようにするストッパーとして使います。

  道糸にウキを付けるもので、リングに道糸を通し、フックにウキをセットします。

 

道糸にセットする順番は、ウキ止め・シモリ玉・スイベル・カラマン棒をセットし、道糸の先端にサルカンを付けて、あとは仕掛けをセットするだけです。

 

 

オモリはナス型オモリの3号から8号くらいを2〜3種類用意。
軽目と重いものを分けた方が良いでしょう。

  スナップ付きのサルカンとダブルサルカンの2種類があると便利。
 

コマセカゴにコマセを入れる時に使用。
カレーを食べるスプーンでも代用出来なくもないですが、太くて入れにくいので、あれば便利です。

 

道糸の予備は、サビキ釣りの時には無くても大丈夫ですが、釣りには釣り糸は必要なものなので、本来は予備に用意したいものです。
ボビン巻きだと、質より量のタイプですが、安いのが嬉しいところですし、サビキ釣りには十分です。

 

竿が硬くてバレてしまう時は、クッションゴムを道糸とサビキ仕掛けの間に入れます。
輪ゴム2本でも代用は出来ます。
ただ、切れて仕掛けが無くなったら悲し過ぎるので、クッションゴムが1本でもあると助かります。

  コマセを入れるバケツ
  撒くヒシャクです。
 

吸い込みバケツは、《吸い込みバケツにアミエビと海水を混ぜ、シャーベットみたいなマキエにして、その中に、仕掛けの下カゴを入れて2〜3回シャクると、アミエビがカゴの中に最後までムダなく入る便利なもの》です。
手を汚さずにコマセカゴにコマセが入ります。

 

スピードエサ付き器と水汲みバッカンが合体したタイプ。
トリック仕掛けのスピードエサ付け器で、トリック仕掛けに使用します。

 

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム

 

 

トップ | ウキサビキ釣りの仕掛けと釣り方