ウキサビキ釣りとは

ウキサビキ釣りは、基本はサビキ釣りと同じですが、
ウキを付ける事でより遠くのポイントも狙う事が出来る釣りです。

 

狙える範囲が広がる事のメリットは、
時期によっては岸の近くまでよって来ない時でも釣れる事です。

 

ウキサビキ釣り

サビキ用のウキを1個持っているだけでも、釣果に大きな差がでます。

 

また、沖目を狙う事で大きな魚が釣れるチャンスも広がる魅力的な釣りです。

 

スポンサードリンク

ウキサビキ釣りとはどんな釣り?

ウキサビキ釣りは、
単純にサビキ仕掛けにウキをセットしたものです。

 

基本的には通常のサビキ釣りと同じです。
違うのは名前の通リサビキ仕掛けにウキが付く事です。

 

ウキを付ける事で、潮に乗せて沖目を攻める事が出来る様になります。

 

単純ですがこの攻める範囲が広がる事は釣果に大きな差が出る可能性が広がります。

 

手前に魚が寄って来ないときに、
ウキを付ける事でポイントまで仕掛けを運べるのがメリットになる釣りです。

 

通常のサビキ釣りとの違いは、遠くのポイントを狙うので竿はノベ竿は使えないので、
リール竿が必須なのと、ウキを使う事です。

 

そしてカゴもウキサビキに使える上カゴを使い、
下カゴの替わりにナス型や六角オモリを使います。

 

 

仕掛けとしては上から、ウキがあって、エサを入れるカゴ、
その下にサビキ仕掛けで最後にオモリが付いて仕掛けとしては完成です。

 

連結部分には、サルカンも忘れずに!

 

ウキの号数とオモリの号数は合わせる様にしないと、
オモリが重過ぎてウキが沈んでしまう事のないように注意しましょう。

ウキサビキセットから始めよう

初めは、ウキもセットになっているウキサビキの仕掛けがオススメです。

 

サビキの仕掛け自体は基本的に一回限りですが、
ウキやオモリは何度でも使う事が出来るので、
仕掛けの作り方の参考にもなるので始めてでも安心です。

 

ウキやカゴ、オモリがあればあとは通常のサビキ仕掛けを変えるだけで、
何度でもウキサビキ仕掛けで釣りを楽しむ事が出来ます。

 

エサは?

後はサビキ釣りと一緒です。

 

エサは釣り場の近くの釣具屋さんで、冷凍のアミエビを購入するか、
初めから加工のアミエビを準備していくのも良いでしょう。

 

すぐに腐るものではないので、予備にでも加工アミエビは持って行くのが良いです。

 

この釣りは撒き餌が無くなれば釣れない釣りです。

 

折角、釣れ始めたときにエサが無くなると残念で仕方がなくなるので、
エサは余分に準備していくものです。

 

しかも通常のアミエビよりも集魚効果が高いので、
エサとしても魅力もあります。

 

加工アミエビは常温で問題がないので、
何かと加工アミエビは便利なエサになります。

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム

 

 

トップ | ウキサビキ釣りの仕掛けと釣り方