防波堤のカゴ釣りとは

カゴ釣りとはどんな釣り?カゴ釣りはどうやって釣るの?カゴ釣りを覚えて釣りを楽しみましょう。

 

カゴ釣りは、何が釣れるか解らないような夢がある釣りです。

 

スポンサードリンク

カゴ釣りとはどんな釣り?

カゴ釣りは、夢とロマンがある釣りです。

 

陸からの狙いになりますが、100m近くも仕掛けを飛ばすので、沖合いの大物を狙う事が出来る釣りです。

 

何が食ってくるか判らない期待感がたまらなく、面白い釣りになります。

 

仕掛けの作り方は幾つかありますが、一つの例は、一本バリにコマセカゴがあり、大き目のウキを付けて釣る釣り方です。

 

 

このようなジェットカゴを使います。

 

この仕掛けは、コマセカゴの中に、付けエサも一緒に入れて、コマセカゴがセットしておいたタナまで落ちると、コマセカゴが開いて、コマセが出るのと同時に、付けエサのハリも一緒に出る仕掛けになっています。

 

とても理に適った釣り方で、タナ調整をすれば、表層から底近くまで狙えるし、コマセと同時に付けエサが出るので、何が掛かるか判らないような期待感が持てる釣りになります。

 

実際に、クロダイやメジナ、マダイ、イナダ、サバ、・・・などなど様々な魚がヒットしてくるので、面白味満点ですし、嬉しいお土産をゲット出来る確率も高いです。

 

 

これにカラマン棒や、一発大物対応にクッションゴムをセットします。

 

 

この仕掛けのキモは、コマセカゴの中に、コマセとハリの付いたエサが入っているので、表層を泳いでいる小型のエサ取りの層を突破して、本命がいるタナまで付けエサを運んでくれる所です。

 

そして、タナまできたらコマセと付けエサが同時に出るので、コマセに同調しながら付けエサを流せるので、食わせる理に適った釣りになるところです。

 

エサ
エサはオキアミを使います。

 

(ちなみに、オキアミというのは、見た目はエビの小さいのに似ていますが、厳密にはプランクです。)

 

釣具店で、冷凍オキアミとして1kg〜3kgのブロックで売っているので、これを購入して、ほとんどはコマセとして使いますが、一角を取っておいて付けエサとして使います。

 

ただ、余りにも安いブロックを買うと、コマセには使えても、付けエサには、身が軟らかくて使えなかったり、小さくて付けエサにならないものもあるので、釣具店で付けエサになるか聞いてみるのが良いです。

 

 

ちょっと予算があるなら、付けエサ用のオキアミも売っているので、本来ならこちらを使いたいところです。

 

身は大きいし、身がしっかりしているので、ハリから外れ難いので、結果、釣りやすくなります。

 

コマセの扱い
コマセは、冷凍で売られているので、購入してすぐに使う事は出来ません。

 

解凍させる時間が必要ですが、海の近くで24時間営業している釣具店では、大体のところで電話をしておけば、解凍をしておいてくれます。

 

但し!解凍を依頼したら、必ず購入するようにします。これはマナーで、釣具店も来る時間に合わせて解凍をしてしまうので、解凍をして買ってくれないと困ってしまうので、当然ですね。

 

冷凍オキアミ3kgで千円前後なので、これをバッカンに入れて、コマセミキサーで細かく砕きます。

 

どれくらい細かくするかは、一概には言えませんが、一匹のオキアミが3分の1程度になるくらいの目安で砕けば良いでしょう。

 

砕いてしまったら戻せないので、これくらいから初めて、状況によりもっと細くしていきます。

 

また、オキアミの量は、1kgブロックでも売ってはいますが、あくまで自分の釣りする時間に合わせて購入して下さい。

 

ただ、この釣りは、コマセが生命線で、コマセが無くなったら釣れないので、多少余るくらいを用意した方が無難です。

 

カゴ釣りの基本タックル
竿 遠投磯竿の4号が始めての一本としては扱い易いです。
リール スピニングリールのサイズは3000番から3500番くらいが扱いやすいでしょう。スプールの堀が薄くて、径が大きい方が遠投には有利です。
遠投ウキ 遠投用の専用ウキです。
遠投ロケットカゴ カゴ釣り用のロケットカゴです。
クッション 大物が掛かった時のライン切れを防ぐ為に使います。
仕掛け 自分で作れる仕掛けですが、始めは市販品が無難です。
カラマン棒 仕掛けの中に使用して、ウキが仕掛け側に行き過ぎないようにや、名前の通り絡まない為に使います。
シモリ玉 ウキ止めとウキの間に入れて、ウキがウキ止めをすり抜けないように使います。