防波堤のエギング釣りとは

エギング釣りとはどんな釣り?エギング釣りはどうやって釣るの?エギング釣りを覚えて釣りを楽しみましょう。

 

エギング釣りの基本を覚えたら釣りに出かけてイカ釣りを楽しもう!

 

スポンサードリンク

エギング釣りとはどんな釣り?

エギングとは、エギというルアーを使って、アオリイカなどの、イカを釣る釣りの事です。

 

エギとは、餌木とも書いて、元々は日本の古来からある釣法の事ですが、それを西洋のルアー的な要素を取り入れて釣る事から、エギングと言います。

 

 

エギには、沢山の種類やカラーがあり、その日、その時にヒットしてくるエギをチョイスしながら釣ります。

 

エギングの専用ロッドなども数多く販売されていて、今やエギングの人気は大変なものになっています。

 

堤防からでも、1kgや2kg、上手くすると3kgオーバーのイカも釣る事が出来るのが大変な魅力です。

 

夜釣りの方が大きいのが釣れたりしますが、日中でも釣る事が出来て、日中で釣る際には、見えてるイカを釣る事が出来るのも魚とは違う面白さです。

 

見えてるイカに、どのようなアクションをエギに与えて、イカに抱き付かせるかが面白いところです。

 

アオリイカの引きは、かなりのもので、釣って楽しく、食べては美味しくあるので、その人気は当然のものです。

 

地方によっては、ほぼ周年釣れる所もありますが、春先は産卵の為に接岸する大型が釣れて、秋には型は小さいですが、数釣りが楽しめます。

 

釣って面白く、食べても美味しい、魚釣りとは違った面白味があるのが、イカ釣りのエギングです。