防波堤のウキサビキ釣りとは

防波堤のウキサビキ釣りとはどんな釣り?ウキサビキ釣りはどうやって釣るの?ここではウキサビキ釣りについての紹介です。

 

ウキサビキ釣りも覚えたら遠くのポイントも攻略OK!

 

スポンサードリンク

ウキサビキ釣りとはどんな釣り?

ウキサビキ釣りは、基本的には通常のサビキ釣りと同じなので、サビキ釣りの基本はサビキ釣りのページを参照して下さい。

 

ウキサビキ釣りは、サビキ釣りの進化系?と言うほどでは無いですが、サビキ釣りでは釣る事が出来ない遠くのポイントを釣る事が出来る釣りです。

 

手前で釣れない時に、沖を狙う為に、ウキを付けて狙う釣り方です。

 

通常のサビキ釣りとの違いは、遠くのポイントを狙うので竿はノベ竿は使えないので、リール竿が必須なのと、ウキを使う事です。

 

そしてカゴもウキサビキに使える上カゴを使い、下カゴの替わりにナス型や六角オモリを使います。

 

 

仕掛けとしては、上からウキがあって、エサを入れるカゴ、その下にサビキ仕掛けで最後にオモリが付いて仕掛けとしては完成です。

 

連結部分には、サルカンも忘れずに!

 

ウキの号数とオモリの号数は合わせる様にしないと、オモリが重過ぎてウキが沈んでしまう事のないように注意しましょう。

 

エサは冷凍のオキアミや右のような加工のアミエビを使用します。
この釣りは、アミエビが無くなったら終わりなので、予備としても加工のアミエビは常に用意した方が良いエサになります。

ウキサビキ釣りの釣り方!

ウキサビキ釣りも、カゴの中にアミエビなどの撒きえとなるコマセを入れての釣りになります。アミエビをカゴに入れて、遠目に仕掛けを投入します。

 

仕掛けが馴染んだら、竿を一回あおってコマセを出します。ここからが食うか食わざるかの勝負です。

 

しばらく待ってまたあおってを繰り返して、コマセが無くなったらコマセを入れてを繰り返します。釣り始めは魚が寄って来ていないので、しばらくは根気良くコマセを利かせましょう。

 

次にお魚がいる層をタナと言いますが、このタナと仕掛けがズレていたら釣れないので、ウキ下を段々と深くしたり調整します。(ウキ下調整はウキ止めの位置をずらします)

 

ここまでは基本です。

 

折角ウキを付けるのだから、もっと遠くのポイントも攻めましょう。海を眺めていると少し沖目に白い泡が線のように見える所があります。これは潮目といって絶好のポイントの一つです。

 

潮と潮がぶつかっている場所なので、エサとなるものがそこに集まって滞留するので、結果お魚も集まってくるのです。

 

仕掛けをそこまで飛ばせなくても、仕掛けの投入場所を色々変えてみると、潮目に引っ張ってくれる潮があったりします。それがチャンスです。ウキを潮に乗せて仕掛けが潮目まで来たら竿をあおってコマセを出しましょう。

 

数も大きさも狙えるチャンスがあるポイントです。

 

海は時間によって流れが変わりますので、ずっと潮目があるわけではないですし、逆にその時に出ていなくても、時間帯が変われば出る可能性もあるので、釣りながら常に海の状態を見ておくのも釣果に繋がります。

 

ウキサビキ釣りの最大の魅力は、魚が食った瞬間にウキが一気に消し込むアタリが目に見える事です。サビキの大漁を楽しみながら、ウキの面白味も味わえる釣りです。

 

ちょっとした事で釣果に差が・・・
仕掛けを回収してコマセを入れようとした時に、カゴの中のコマセが全部出てる訳でなく、残ってるコマセがあります。

 

この時に、残ったままコマセを足してはいけません。必ず残ったコマセを出してから新たにコマセを入れるようにして下さい。コマセの出が全然違って釣果に差が出ます。