防波堤のちょい投げ釣りとは

防波堤のちょい投げ釣りとはどんな釣り?ちょい投げ釣りはどうやって釣るの?ちょい投げ釣りを覚えて釣りを楽しみましょう。

 

気楽に釣りを楽しめるのが魅力の釣りです。

 

スポンサードリンク

ちょい投げ釣りとはどんな釣り?

ちょい投げ釣りは、ブッコミ釣りや投げ込み釣りとも言われますが、基本的には、投げ釣りと同じです。

 

ただ、本格的な投げ釣りは、投げ釣り用の竿で、リールも投げ釣り専用のリールを使い、仕掛けの投入距離も100m以上投げるような釣りに対して、ちょい投げ釣りは、名前の通リ20m30m程度の軽く投げて釣るお手軽な釣りになります。

 

防波堤ならではの釣りで、防波堤は海に突き出てるので、遠投をしなくても手軽で楽しめる釣りなので、ファミリーでも楽しめる釣りです。

 

 

仕掛けのタイプは数種類ありますが、道糸にテンビンなどをセットして、その下にちょい投げ仕掛けをセットします。

 

オモリのサイズも5号から8号程度と、投げ釣りから比べると、かなり軽いオモリを使います。

 

対象魚は、基本的に底物が対象魚になり、シロギスやカレイなどが一般的に人気の釣りものになりますし、もっと手軽にはハゼなども狙えます。

 

ちょい投げ釣りは、一般的な人気の釣り方になっているので、リールからくる道糸にセットするだけの、簡単な仕掛けも多数市販されています。

 

 

上の仕掛けのように、道糸に仕掛けを結べば完成となる仕掛けも販売されていて、ついでにエサまで付いているので、竿とリールさえあれば、すぐに始められる仕掛けセットまであります。

 

エサ
底物を釣る時は、基本的にエサはゴカイやイソメなどの虫エサを使います。大きな釣具屋さんや海の近くの釣具屋さんならどこにでもあります。

 

本来は、生の活きエサがベストですが、見た目も動きも少々グロテスクなので、女性や子供、もしくは男性でも苦手に感じる人がいます。

 

そこで、ホントに良い世の中になりまして、素晴らしいエサもあります。

 

 

本物そっくりなエサで、動きこそないですが、成分的には本物以上の素晴らしいエサもあります。これなら虫エサが苦手な人でも大丈夫です。

 

ちょい投げ釣りの釣り方
ちょい投げ釣りは、基本的には2つの釣り方があります。

 

ちょい!と投げて、少しずつ引いて来る釣り方と、投げてポイントまで引いて来たら、基本は待ちの釣りです。

 

これは、当然ながら、釣りたい魚種によって釣り方を変えて、シロギス狙いは引き釣りでカレイなら待ち釣りなどです。

 

引いて来る釣り方は、手持ちの釣りなので、竿は1本で良く、投げたら段々と引きながら釣るスタイルの釣りです。

 

待ちの釣りは、竿を3本くらい3方向に投げ分けて、尚且つ遠近も工夫して、仕掛けをポイントに投入したら基本は待ちの釣りです。

 

投げ釣りに便利なのが三脚です。

 

 

このような三脚を使って仕掛けを投げ入れておきます。

 

三脚を使えば、竿を立て掛けて置けるので、魚が掛かれば竿先が曲がってアタリが解りますし、竿を守る意味からも三脚は、投げ釣り氏には重宝されるアイテムです。
ちょい投げ釣りも同じように、3本くらい投げ分けて投入しておくのが釣果を期待出来るので良いでしょう。

 

何度か、投げて引いてを繰り返していると、海底の地形がイメージ出来る様になります。

 

港内などでは、船道の深くなってる所から浅くなっている所の、カケアガリは最高のポイントの一つです。

 

段々とこのカケアガリの場所などもイメージ出来る様になるので、そうしたらそこを重点的に攻めて釣果を伸ばす事も出来ます。

 

ちょい投げ釣りの基本タックル
竿 ちょい投げでも、3m以上あると投げやすく距離もそこそこ飛ぶので扱い易いです。硬さは、オモリを重いのも使うので、軟らか過ぎない方が良いです。

 

リール 中型のスピニングリールで良いです。大き目のリールの方が距離は出ますが、ちょい投げで、そこまで距離は求めませんし、手持ちで釣るなら大型では疲れるので、小型か中型サイズがトータル的に扱い易いです。

 

ちょい投げ仕掛け ちょい投げ仕掛けには、キス用やカレイ用などの魚に合わせた仕掛けも販売されています。もしくは、ちょい投げ用として販売されています。

 

天秤 ちょい投げ釣りは、ある程度の距離は投げて釣る釣りなので、オモリをセットします。その為に天秤を使います。天秤の種類は色々あります。

 

オモリ 天秤とオモリが一体となっているものも多くあります。仕掛けに合わせて天秤とオモリを選びます。

 

ちょい投げ釣りはに興味が出て始めようと思ったら、ちょい投げ釣りに必要な釣り具で安く始める為の釣り具などを紹介しています。