堤防の投げ釣りとは

防波堤からの投げ釣りとはどんな釣り?投げ釣りはどうやって釣るの?投げ釣りを覚えて釣りを楽しみましょう。

 

投げ釣りは爽快感満点の釣りを楽しめます。

 

スポンサードリンク

投げ釣りとはどんな釣り?

投げ釣りは、100m以上も仕掛けを飛ばす事が可能な釣りなので、陸から狙うにも関わらず、遠くのポイントも攻める事が出来る釣りです。

 

また、豪快なスイングで仕掛けを思いっ切り遠くに飛ばす爽快感もある釣りです。

 

投げ釣りの代表的な対象魚は、シロギスとカレイなので、これらを中心に紹介しますが、仕掛けを換えれば、様々な魚が対象になる釣りです。

 

基本的な仕掛けは、市販品の投げ釣り仕掛けを使いますが、種類があるので3種類くらいは用意した方が良い釣りです。

 

 

仕掛けの先端から紹介しているので、次にはオモリをセットしますが、オモリにも色々な種類があります。

 

ちょっと距離を稼ぎたいのであれば、ロケット天秤を使用したり、ダイレクトなアタリを取りたいのであれば、遊動天秤、流れが速くて仕掛けが流されてしまう時は、スパイク天秤などと使い分けます。

 

オモリ負荷は25号から30号を使うので、ちょい投げ釣りとはだいぶ違います。

 

道糸とオモリ、オモリと仕掛けの間には、スナップ付きのヨリモドシ、通常のヨリモドシを使います。

 

名前の通り、仕掛けのネジリを取るように、ヨリモドシが回転してくれます。

 

投げ釣りは、底を釣る釣り方なので、仕掛けやオモリが、根に引っ掛かって無くなる事も多々あります。

 

仕掛けが無くなった為に、帰らざるを得ないとなったら、悔しい思いをします。仕掛けは余分にあった方が、気持ちの余裕も持てます。

 

エサ
底物を釣る時は、基本的にエサはゴカイやイソメなどの虫エサを使います。

 

本来は、生の活きエサがベストですが、見た目も動きも少々グロテスクなので、女性や子供、もしくは男性でも苦手に感じる人がいます。

 

そこで、ホントに良い世の中になりまして、素晴らしいエサもあります。

 

 

本物そっくりなエサで、動きこそないですが、成分的には本物以上の素晴らしいエサもあります。これなら虫エサが苦手な人でも大丈夫です。

 

投げ釣りの釣り方
投げ釣りは、基本的には2つの釣り方があります。

 

投げてから少しずつ引いて来る釣り方と、投げてポイントまで引いて来たら、基本は待ちの釣りです。

 

カレイなどは、基本は待ちの釣りになりますし、シロギスなどは引いて来る釣りになります。

 

引いて来る釣り方は、手持ちの釣りなので、竿は1本で良く、投げたら段々と引きながら釣るスタイルの釣りです。

 

待ちの釣りは、竿を3本くらい3方向に投げ分けて、尚且つ遠近も工夫して、仕掛けをポイントに投入したら基本は待ちの釣りです。

 

このような三脚を使って仕掛けを投げ入れておきます。

 

 

三脚を使えば、竿を立て掛けて置けるので、魚が掛かれば竿先が曲がってアタリが解りますし、竿を守る意味からも三脚は、投げ釣り氏には重宝されるアイテムです。
何度か仕掛けを投入して、引きを繰り返していると、海底の地形がイメージ出来る様になりますので、カケアガリのポイントなどに仕掛けを留めて置くように釣ります。

 

段々とこのカケアガリの場所などもイメージ出来る様になるので、そうしたらそこを重点的に攻めて釣果を伸ばす事も出来ます。

 

投げ釣りの基本タックル
竿 3.9〜4.2mくらいの投げ釣り用の竿を使用。オモリ負荷25〜30号くらいが丁度良いでしょう。

 

リール リールは投げ釣り専用のリールがあり、スプールが大きく浅くなっているので、飛距離が出やすいリールになっています。

 

投げ仕掛け 投げ釣り仕掛けには、キス用やカレイ用などの魚に合わせた仕掛けも販売されています。もしくは、投げ釣り用として販売されています。

 

天秤とオモリ 投げ釣り用の天秤やオモリが各種あります。

 

その他にも、投げ釣りは、竿を振りかぶるように、オーバースローキャストをするので、投げる際に、仕掛けには大変な力が掛かるので、ラインが切れないように『力糸』と言うものを結んだりします。

 

もしくは一本の道糸が太くから細くなるテーパーラインがあります。一本のラインなのに、段々と細くなるラインです。

 

力糸やテーパーラインは、投げ釣り特有のアイテムです。

 

シロギスなどは、時期により遠くを攻めないと釣れない時期があります。もしくは、遠くを狙うと大きいシロギスが釣れる時などもあります。その際に威力を発揮するのが、投げ釣りという釣り方です。

 

防波堤からの投げ釣りは、仕掛けを換える事で、イシモチやアイナメ、そしてマダイなども狙う事が出来るので色々と楽しむ事が出来ます。

 

投げ釣りは面白く奥が深い釣りです。興味が出たらまずは道具が必要なので、投げ釣りに必要な釣り具から紹介しておきます。