ボートでアイナメを釣りに行こう

アイナメはブラクリ仕掛けという独特の仕掛けで釣る釣りです。

 

微妙な釣り方が面白いです。

 

スポンサードリンク

アイナメ釣り

アイナメ
アイナメは、内湾の水深3mから30mくらいの岩礁を中心に生息しているお魚で、東京湾に多くいます。

 

アイナメを釣るには、昔からブラクリを使った仕掛けが主流です。神経質な魚と言われたりもしますが、その割には貪欲で、一度アワセを失敗してもまた食って来るようなお魚です。
仕掛け
ブラクリ仕掛けとは、オモリのすぐ下に短いハリスでハリが結んである独特の仕掛けです。

 

アイナメは上からユラユラと落ちてくるエサに興味を持つので、このブラー仕掛けがあります。

 

釣り方
釣り方は、水深によってブラクリの重さは違ってきますが、出来るだけ軽い仕掛けの方が良いです。

 

仕掛けを軽く投げて、着底したら糸フケをとってアタリを待ちます。アタリがない時は、軽く竿先をあおって仕掛けを少し手前に沈め直します。

 

グッと重さを感じたり、ゴツゴツとしたアタリが竿先にきたら、竿先を少し送り気味にして、一瞬待ってから鋭くアワセます。

 

慣れてくると、仕掛けを送り込んだ時の道糸の走り方でアタリが取れるようになります。そのまま待って、アワセるとハリ掛かりします。

 

片テンビン仕掛けや胴付き仕掛けも良いですが、微妙なアタリを取って釣るブラクリ釣りが面白いです。

 

エサ
エサは、ゴカイやアオイソメでも良いですが、一番のエサはイワイソメが良いです。ハリに通し刺しにして、タラシは2cmくらいにします。