沖磯とは

沖磯とは

沖磯は夢のフィールドです。初心者が何の装備もなく、パッと行って楽しむ場所ではないですが、それだけに釣り趣としては最高です。

 

その沖磯という釣り場についてもう少し紹介しましょう。

 

スポンサードリンク

沖磯

沖磯は、夢のフィールドで、常に大型魚がヒットしてくるのでは無いかと、大きな期待をしながら釣りを楽しむ事が出来る場所です。

 

また、海の上にポツンとあるような小さな磯の上で釣りをするので、日常ではありえない様な環境に身を置く事ができるのも魅力となる場所です。

 

沖磯

 

磯でヒットした魚は、根の中を逃げようとします。

 

根とは、海中のゴツゴツした岩の事ですが、岩は鋭くなっているので、ここにラインが触れればすぐに切られてしまいます。

 

この根に逃げようとするお魚と、そうはさせじとする釣り人のやりとりが、大変に面白く、スリリングで釣り味は最高の釣りです。

 

船釣りと陸釣りを比べると、船の方がお魚を釣れる確率は格段に高いでしょう。

 

船は魚探などを使って、魚のいる場所に移動して釣らしてくれるので、数と大きさは共に船の方が分があります。

 

また、船はハリ掛かりしてしまえば、後は切れ難いラインで釣れば、余程無理をしなければ釣り上げる確率ははるかに高いです。

 

しかし、磯釣りはハリ掛かりした魚は、ゴツゴツした根に向かって必死に逃げようとするので、上手くお魚さんと勝負しないと、岩にハリスが擦れて切れてしまいます。

 

つまりハリ掛かりした魚を、どのように釣り上げるかの勝負が磯釣りの面白さでもあります。

 

ある意味、お魚にも逃げるチャンスがあるのが、釣りを面白くしているとも言えるのです。

 

その面白さに魅せられて、磯釣りにどっぷりはまってしまってる釣り氏はとても多いのです。

 

そのような魅力満載の釣り場所ではありますが、まったくの釣り初心者が行ってはいけない場所です。

 

装備もライフジャケットや磯靴は当たり前で必要ですし、何よりも海に対する安全の知識を知る必要もあります。

 

釣りに慣れて来たら、ベテラン磯釣り氏と共に沖磯に上がるのが良いでしょう。

 

沖磯に降りる時も、静かな桟橋に付けてくれる訳ではなく、上下に揺れる船の上からタイミングをみて、沖磯に飛び降りるのです。

 

もちろん静かな沖磯もありますが、いずれにしても初心者の内は、別な釣り場で楽しんである程度慣れてきてから、ベテラン行くと良いのが沖磯です。