ライフジャケットは必需品

ライフジャケットは必需品

ライフジャケットは安全の基本です。

 

沖磯に行くには、渡船を使うのでライフジャケット無しでは乗せてくれないか、もしくは貸してくれるので、無いまま沖磯に乗る人はいませんが、すべての釣りに必要な釣り具です。

 

スポンサードリンク

ライフジャケット

ライフジャケットを着ない人は磯に行かないで下さい。

 

強い言葉で言えば”行くな”です。これは釣りが好きな仲間が不幸な事故にあって欲しくないからです。

 

自然の海に遊びに行く以上、100%安全などありません。

 

流石に沖磯にライフジャケットを着ないで行く人はいないでしょう。船にも乗せてもらえませんから。

 

ただ、地磯に行くと、サンダルにTシャツの人もいたりします。海をなめ過ぎです。

 

大人しく見える海も、気まぐれで大きな波が来ないとも限りません。

 

海に万が一落ちても、ライフジャケットを着ていて、浮いていてくれれば助ける事が出来ます。

 

しかし、沈んでいってしまったら素人がその場で助ける事は出来ません。

 

自分は、泳ぎが得意と思う人も、洋服を着て靴を履いて海に落ちると、水圧ですべて体にくっ付いてきてしまいます。

 

泳ぎが得意でも中々泳ぐ事など出来ないのです。

 

靴や洋服を脱ごうとしても、それだけで一気に体力を消耗してしまいます。

 

楽しい釣りは安全であってこそです。

 

そこで鉄則は、『危険な場所に行かない、無理をしない、万一に備える』です。

 

磯釣りにおいてのライフジャケットは

 

 

上のタイプが一般的です。

 

磯釣りの場合は、道具箱などは使わずに、ライフジャケットのポケットが道具入れになるので、大きくて沢山のポケットがあるのが良いのです。

 

もうひとつ、ライフジャケットの確認事項として、購入時に必ず確認するのはマタヒモが付いてるかです。

 

大抵のライフジャケットには付いていますが、余り安いものは付いてないものもあるので、必ずマタヒモが付いてるものを購入しましょう。

 

そして、慣れてくるとマタヒモを付けてない人を見ますが、必ずマタヒモは付けましょう。

 

マタヒモをしてないと、海に落ちた時に、ライフジャケットだけ浮いて、自分は浮いてない!などという状況になるので、必ずマタヒモは付ける様にします。

 

また、良いライフジャケットには金属でない笛が付いています。

 

付いてなくても100円均一で笛を買ってライフジャケットに付けておきましょう。

 

海に落ちた時に、声など届きません。

 

大きな声を出すと体力も消耗します。

 

そこで笛を吹けば遠くまで聞えますし、笛の音がすれば緊急時と思って、助けに着てくれます。

 

釣りにはライフジャケットを着用し、その際はマタヒモを付けて、笛も用意する。最低ここまでは用意しましょう。

 

ライフジャケットは必ず着用し、安全に楽しく釣りをしましょう。