ウキフカセ釣りの磯竿の選び方!

ウキフカセ釣りの磯竿の選び方!

ウキフカセ釣りに適した竿をご紹介!せっかくおもしろいウキフカセ釣りを始めるなら、ちゃんとした磯竿を選んで楽しい釣りにしましょう。

 

磯釣り・ウキフカセ釣りの磯竿の選び方をご紹介します。

 

スポンサードリンク

磯竿

竿は、磯竿を使います。長さは5m前後もあるようなかなり長い竿です。

 

竿には、『1.5-5.3』のような表示がありますが、この1.5は1.5号と言い竿の硬さを表します。

 

当然、釣れるお魚のアベレージに合わせて竿を選びますが、地磯では1号から1.5号程度を選ぶと良いです。

 

沖磯で大型が釣れる場所なら、2号以上で選びます。

 

次に、5.3は竿の長さを表して、5.3は5.3mの意味です。

 

長い磯竿は6m以上もありますが、多くは5.3mくらいが種類も揃っていますし、扱い易いと思います。

 

ただ、小柄な人や女性、子供などは短い竿の方が操作はしやすいので、4mくらいの竿が良いでしょう。

 

竿は、釣具の中でも、重要なアイテムです。

 

自分の手が、そのまま伸びたような、違和感なく使える竿を選びましょう。

 

磯竿選びのもう一つのポイントは、外ガイドタイプと中通しタイプがあります。

 

これは結論から言えば、断然中通しがオススメです。

 

外ガイドのメリットは、竿に付いてるガイドの中をラインが通るので、負荷が掛かり難いのでラインの出が良いと言えます。

 

デメリットとしては、風が強い日は、ガイドとガイドの間のラインも風に引っ張られて、ラインの出は悪くなるし、とにかく操作がし難くなります。

 

竿の穂先にも、ラインが絡みつきますし、時には絡んだまま仕掛けを投入しようとして、穂先を折ってしまう事もあります。

 

その点、中通しは、ラインが竿の中を通るので、風の影響は受けないし、雨が降ってもラインが竿にくっつく事もありません。

 

また、ラインの出も、今の中通しは特殊加工が施してあって、なんのストレスもなくラインの出を実現しています。

 

大きく外ガイドと中通しで分けると、外ガイドは安い物からありますが、中通しは全体が高いです。

 

始めての、ウキフカセ釣り用の磯竿を探しているなら、オススメは

 

★硬さは1.2号から1.5号くらい(軟らかい方が釣っていても手応えが楽しい)

 

ただ、地磯などではすでに釣っていて、1.5号以下を持っているのであれば、沖磯用として2号以上が良いです。

 

★長さは5.3m前後が良いです。(操作性も良いし、種類が多いので安いものから高級のものまで選べます)

 

★タイプは、断然『中通し』(メーカーによって、インナーやインターの表記)

 

★価格は、沖磯の磯竿では、実売価格で2万以上を選んでおいた方が、後々良かったと思えますよ。

 

磯竿は、1万円以上はするので高価ですが、高い成りの価値はあるものです。

 

一度買えば数年は使える相棒なので、年数で考えればそんなに高いものではないと思いますし、私自信が失敗したので注意して下さい。

 

私は、一番初めに買った磯竿は、4千円弱のアウトガイドです。

 

今考えるととにかく重い!結果、釣り難いし釣れないし疲れるし、で最悪でした。

 

竿先も数回折って、穂先だけ変えて千円・千円・千円と良い金額になったものでした。

 

竿は一回でダメになるような消耗品ではないので、購入時は良く選んだ方が良いです。

 

参考に、いくつかの磯竿を紹介しておきます。