釣り人のルールとは

釣りを楽しくするには釣り人が守るべきルールがあります。ルールを守って楽しく釣りをしましょう。

 

スポンサードリンク

ルール

各河川や湖沼、池などでは、その地域の漁協組合が決めてる規則があります。規則違反にならないように事前に確認しましょう。

 

・入漁料は必要か
・魚のサイズ制限はあるのか
・リリース区間や禁漁句の有無
などを確認にしてから釣りを始めましょう。

 

ところで小さな魚はリリースしますが、そのリリースの際は丁寧に逃がしてあげましょう。小さな魚ほどか弱いので、すぐに弱ってしまいますが、いずれは成長して大物になって帰ってきてくる事を期待して、逃がす時は丁寧にを心掛けましょう。

 

リリースの時の注意点は、
・魚の余力が残ってるうちに素早く取り込むこと
・コイ釣りなどの目方がある魚は玉アミですくう
・ハリを飲まれてしまったら、無理に外さずにハリスを切る
・高い場所などの取り込みが出来ない場所では釣りをしない
・リリースする時は、必ず魚の頭を上流に向けて、口からエラに流れがよく通るようにしましょう。

 

川魚は限りある資源です。釣りをいつまでも楽しむ為に小さな魚は逃がしてあげましょう。

 

また、その資源を守る為に、各漁協が放流などして守っています。そこで入漁料が必要だったりしますので、事前に確認をして釣りをしましょう。