湖・池・沼の釣り場とは

河川が『動』の釣りなら、湖沼は『清』の釣り場で、河川とは又違った楽しみ方が出来る釣り場です。

 

スポンサードリンク

湖・池・沼とは

山上湖は標高の高いところにあるので、大自然を満喫できる釣り場です。渓流と同じで釣り人の人気は高い場所になります。

 

対象魚
生息するのは、ニジマスやヒメマス、ブラウントラウト、イワナ、ワカサギなどです。特にニジマスやブラウントラウトは1m近くまでなる大物もいるので、ベテランにも人気の釣りです。

 

平地の湖沼や野池は、コイ、マブナ、ヒガイ、ライギョ、ナマズなども対象になります。

 

釣り方
トラウト類の釣り方は、フィールドが広いのでエサ釣りよりも広範囲を攻める事ができるルアーフィッシングやフライフィッシングが人気の釣り方です。

 

ワカサギは岸からの釣りの他に、ボート釣りや真冬の氷穴釣りは冬の風物詩としてとても人気のある釣りです。

 

絶大な人気
湖沼や野池は、ゲームフィッシングの人気は絶大です。

 

特にブラックバスのルアーフィッシングは、大変な人気がある釣りになります。

 

また、釣りはヘラに始まりヘラに終わると言われるくらい、ヘラブナ釣りは人気のある釣りになります。

 

ポイント選び
湖沼は河川のように流れがない止水域で、止水域はポイントを見極めるのは難しいものです。

 

止水域のポイントのキーワードは『変化』です。

 

例えば、立ち枯れ木や桟橋付近などの障害物はすぐに解る『変化』です。止水では水の動くところも『変化』になります。

 

流れ込みや流れ出し、風による水の動きも変化になるのでこの動きも注目です。水面の浮遊物などの動きを見ると表層の流れが解るので観察して見極めましょう。

 

水温も注意
河川と違って湖沼は水温変化はダイレクトに魚へ影響します。水温の変化は大切な要素なので注意しましょう。

 

魅力
湖や池、沼といった場所は河川とは違った魅力があります。ここでしかできない釣りも色々とあります。